« ロッシのドゥカティへの移籍、正式発表 | トップページ | 公式リリース>チェコGP(リンク先のみネタバレ) »

ドゥカティのプレスリリース(ロッシ移籍について)

ドゥカティのリリースが英語なので翻訳。
====================
ドゥカティとヴァレンティーノ・ロッシは、2年契約を結びました。これにより9度のチャンピオンに輝いたロッシはボルゴ・パニャーレの赤いマシンに乗りドゥカティMotoGPチームの一員として2011年を闘うことになりました。

ヴァレンティーノ・ロッシのドゥカティへの加入は当社のスポーツ活動のみならず、MotoGP世界選手権にとって、新たな一章を付け加えるものです。この素晴らしいライダーをメンバーに迎えることはドゥカティにとってMotoGPプロジェクト全体に大きな価値をもたらすものと考えております。

ドゥカティ・モータースポーツ社長ガブリエレ・デル・トルチオ
「2011年にヴァレンティーノ・ロッシが加わることを発表できてたいへんうれしく思います。彼は世界のモーターサイクルレーシングにおける至宝であり、メイド・イン・イタリーを誇る当社に加わることで、いっそうその輝きを増すことでしょう。イタリア製であることは技術面でもデザイン面でも、さらにスポーツマンシップの面でも非常に重要なことだと考えております。この契約締結に至ったのは、ロッシと当社の強い情熱に加えて、本決定を指示してくださった当社の株主のみなさま、そしてドゥカティMotoGPチームのスポンサーのみなさまのご協力のおかげであります。

ドゥカティコルセ・ジェネラルマネジャー フィリッポ・プレジオシ
「まず第一にヴァレンティーノはバイク好きなので、彼の意見を聞くのはいつでも私の喜びです。ヴァレンシアGPが終わるまではライバルなのですが、彼を倒すことはいつでも大きな価値を持っています。しかし彼がドゥカティに乗ったときから、細かなことまで一緒に検討し、彼の大いなる才能を引き出すためのマシン作りをしていくことになります。ヴァレンティーノと仕事をすることはあらゆるエンジニアの夢であり、それが来シーズンに実現するのは大きな喜びです」
====================
ちなみにドゥカティの記者会見(Motomatters.com)(ロッシは契約で出席せず)で、デル・トルチオ社長は、ヴァレンシアGP直後のテストへのロッシの参加の可否については「それは私たちではなくヤマハが決めることですが、私たちがストーナーのテスト参加を許可したことは考慮してほしい」、ジェリー・バージェスの移籍については「現段階ではなんとも言えないが、ロッシの希望を最大限にかなえたい」、みんなが興味がある契約金については「私たちは答える立場にない」と、それぞれ答えています。
ちなみにロッシに金をかけたんで撤退するんじゃないかという噂のあったらしいスーパーバイクについても来年以降参戦を継続するとのこと。

|

« ロッシのドゥカティへの移籍、正式発表 | トップページ | 公式リリース>チェコGP(リンク先のみネタバレ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/49163610

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥカティのプレスリリース(ロッシ移籍について):

« ロッシのドゥカティへの移籍、正式発表 | トップページ | 公式リリース>チェコGP(リンク先のみネタバレ) »