« ムジェロ プレビュー | トップページ | ロッシも自分の肩が相当悪いと告白 »

ロッシの怪我は思ったより深刻、とドクター・コスタ

ロッシの肩の怪我についてドクター・コスタがスペインのバイク誌MotoSprintに語った内容がautosport.comに掲載されています。
====================
「彼の肩の状態はみんなが思っている以上に深刻だ。
 だいたいが、クラッシュしたときに脱臼しかけているんだからね。おかげで、それほどひどいとは言えないが肩が安定しないんだよ。
 さらに滑液嚢が感染している。一般的には関節周囲炎というんだが、二頭筋に重要な腱が繋がっていて、肩の付け根の軟骨がダメージを受けているんだ。これがかなり問題でね。
 ルマンに戻ってきたとき、ヴァレンチーノは肩の状態に疑問を持っていて、精密検査をしたがっていた。それでMRIを撮って確認して、治療計画を立てた。ムジェロでは最良の状態でレースがしたいとヴァレンチーノは望んでいるよ。
 彼は言い訳をするような男じゃないから自分からは言わないけど、かなり痛いんだと思う。実を言うと彼が黙ってファイティングスピリットを燃やしているのを見てうれしく思うよ」

ロッシのチーフメカ、ジェレミー・バージェスは、ロレンソの陰に隠れてしまっているほどロッシが遅いのは怪我のせいだと言っています。
「テレメトリーを見ればヴァレンチーノが怪我のせいで遅くなっているのは明らかだ。コーナーの進入は遅くなっているし、マシンにはあまり効率的でない姿勢で乗っている。それどころか片腕を休ませるために、腕一本で運転していることもあるんだ。
 ヴァレンチーノは肩の問題に苦しめられているよ。だから失点を最小限にするようなレースをしなければならない。
 レースが終わって、ヴァレンチーノの不調と彼のライバルの強さについての相も変わらぬばかばかしい話を聞かされるけど、要するに問題は肩だけで、それ以外に問題はないんだよ。肩のせいで遅くなっているだけなんだ。もしライバルの側にいるならこの機会を最大限に利用するね。だってヴァレンチーノが治っちゃったら、こんなレースをするわけはないからね」
====================
そんなに悪かったのか〜。心理戦かもしれないけど・・・。

|

« ムジェロ プレビュー | トップページ | ロッシも自分の肩が相当悪いと告白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/48534824

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシの怪我は思ったより深刻、とドクター・コスタ:

« ムジェロ プレビュー | トップページ | ロッシも自分の肩が相当悪いと告白 »