« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2012年に125ccは250cc4ストロークへ?

パドックの噂レベルですが、今まで言われていたよりも早く250cc4ストロークに移行することになりそうと、GPweek.com(PDF)が伝えています。
今のところ、それ以上の情報はないのでですが、あながちあり得ない話ではないと思います。
ワンメイクではなく、モトクロッサーのエンジンを流用すればいろんなメーカーが参戦できそうで楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日明日はお休みします

まあ、特にこれといったニュースもないので、今日これから明日いっぱいPCは立ち上げないってことで、ちょっとゆっくりしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOTOPODに酒井大作選手が登場!

今暇な人は(暇じゃない人も)MOTOPODを見るんだ!

関西のテレビ関係者taruさんと元全日本ライダーの茨木繁さんが、だらだらと全日本やらGPやらについて語る、超楽しい番組です。近々、TV大阪のGP実況でオールドファンには超なつかしい千年屋さんも登場するらしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドゥカティは「ストーナーが出てくならロレンソだけど」

まずはストーナー最優先という姿勢らしいです。MCNよりドゥカティのボス(って正式役職名、誰かプリーズ)フィリッポ・プレツィオシが話した内容を。
====================
「ロレンソだったら獲得できるかもしれない。もちろん彼のマネジャーとはコンタクトをとっているよ。
 現時点で見る限り、ヴァレンチーノは無理だろうけど、ホルヘならね。新たなライダーの話が出る度にヴァレンチーノの名前が挙がるけど、それは彼が強いからなんだよね。あとイタリア人ってのもある。
 正直に言うと、ヴァレンチーノがヤマハに残りたいと言ってたり、ヤマハがヴァレンチーノと契約延長したいとか言ってる記事を読んでるからね。だからヴァレンチーノの移籍の可能性はほとんどないと思うんだ。
 ヤマハが彼を残したくて、それで彼も残りたいなら、契約延長は簡単だろう。
(元ドゥカティのチーム・マネジャーで現在はHRCの人事担当、リヴィオ・スッポを通じてストーナーがホンダに移籍するという話について聞かれて)「リヴィオについて言えば去年からケイシーと契約したがっていたから、来シーズンの契約内容についてストーナーと話をしていても不自然じゃない。
 でも僕らが知る限り、ストーナーはサインはしていないよ。ホンダがケイシーにコンタクトするのも不思議な話じゃないよね。なんと言ってもホンダは世界一のバイクメーカーだし、そこからのオファーだったら、ライダーはみんな一度は耳を傾けるだろう。
 今のところケイシーとは良い関係を築いているし、彼の決定や僕らの決定がどうなろうとそれは大きな問題じゃない。
 もちろんケイシーがドゥカティに積極的にとどまってくれるよう、出来る限りのことはするし、彼がチームやドゥカのマシンといっしょにやっていくことをハッピーだと思ってほしいんだ」
====================
まあ、現時点で言いそうなことしか行ってないですね。ロレンソの件については心理戦のネタとも思えるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドゥカティのプレスリリース

すっかり忘れてましたが、ドゥカティジャパンはGP(っつーかSBKもか)を放置してるので、英語ページから訳しますよ。
====================
まずは3戦連続4位のニッキー・ヘイデン。
「今週末はセッティングに苦しんだし、スタートも失敗して離されちゃったから4位でもうれしいよ。ホイールスピンしちゃったんだ。その後はがんばったよ。前を走る連中に追いついて表彰台に上がりたかったんだけど、そこまでは近づけなかった。まあ、アメリカでは「実らない努力はやらなかったのと同じ(close only counts in horseshoes and washers)」とも言うけど、今日はあれ以上は無理だったね。チームもいい仕事をしてくれたよ。本当に感謝している。4位で充分だよ。でもドゥカティの地元であるムジェロではそういうわけにはいかないね。だからもっとがんばらないと。
 ケイシーのことは気の毒に思っている。彼のメカも辛いだろうし。みんな一生懸命がんばっているのをみているし、ケイシーは信じられないくらい速いライダーだから、ほんとうにがっかりしているだろう。でもきっと調子をとりもどすと思うよ。それくらい強いライダーなんだ。シーズンも長いし、だから次は2人で笑えるといいね」

そして、いいところなしのケイシー・ストーナー。
「ほんとうにがっかりしているよ。マシンの調子も今週末はよかったんだ。どこでも思うがままにフロントに荷重をかけられたんだけど、それがレースになったらへなへなな感じになっちゃったんだ。一からやりなおさないといけないね。3レースやって1レースしか完走できなかったんだから。僕はライディングスタイルを変えてはいないんだけど、もし何か変えなきゃいけないってことになったらそうするよ。レースでは遅いライダーの後ろを走らなきゃならないこともあるんだけど、たぶんそういうときにフロントに充分荷重をかけられないのが原因なんじゃないかな。現時点では確かなことは言えないけど、いまはとにかく落ち着いて、次のレースまでに何ができるか考えないといけない」

そういえば、カタールではフロントに荷重をかけられなくて転けたって言ってましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドゥカティのカラーリングが変わったのは

例のバーコードが「タバコの箱を連想させるサブリミナル広告だ」ってことにEUではなったので。どうせタバコの箱を連想させるサブリミナルってんなら黒枠の警告表示にしちゃえばいいのに。




うすぼんやりと禁煙継続中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーブリーグネタ2題

大して耳新しいことではないので、とりあえずまとめます。
どっちもCRASH.netから。

その1
「ストーナーはもうホンダに移籍することが決まっているんじゃないかと疑っているんだ」とドゥカティチームの偉い人が言ったらしいです。ただしその名前は伏せられてますし、発言の根拠も「僕の勘だけどね」ということなので、まあ憶測発言に基づく憶測記事です。当ブログ的には軽くスルー(ただし去年のベン・スピのときも同じ態度でスルーしてたので、読者のみなさまは注意されたし)。

その2
 ヤマハのチーム監督、リン・ジャーヴィスが、「ロレンソの競り合いには参加する気はない」とガゼッタ・デロ・スポルトに語ったそうで。去年も同じ発言がありましたが、一応大事な部分だけ翻訳。
「こんなに早い時期から来年の契約の話をするのはいやなんだけど、しょうがないね。シーズン半ば、まあラグナセカくらいには2011年のラインナップを決めたいから話は始めるよ。でないと後半のチャンピオン争いに集中できないからね。
 ロレンソを抱えておくための契約金の吊り上げ合いにつきあうつもりはさらさらない。もちろんチームとしては同じメンバーでいきたいと思っているから、まずは今の2人(ロッシとロレンソ)から話を始めることになるけどね」

まあ、このネタは既報の通りですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスGP 公式リリース(リンク先のみネタバレ)

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキブリヂストン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今フランスGP観てます

・・・というわけで、GP関連ネタは明日以降になります・・・。
          m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッシの弟のインタビュー

GPoneより、一部で熱狂的なファンをつくりつつあるんじゃないかと思ってる、ロッシの弟のインタビューですよ。
====================
−ゼッケンが97番にブルドッグをあしらったものですが
「97は僕が生まれた年なんです。それとブルドッグはグイード、去年死んじゃったんですけど。突然だったんです。8歳半だったんですけども。ある日階段を駆け上ってるときに、がくっといっちゃって。土曜日だったんで、僕は学校に行ってたんだけど、お母さんが迎えに来てくれたんです。心臓発作だったみたい。
 今は2匹飼ってます。シザーレとセシリアっていうんです。兄妹なんですが。

−ツナギの色は?
「青とオレンジ。黄色も入っています。一番好きなのは青なんですが」

−ヴァレンチーノが走るのを見て、何か学んだりしてますか?
「はい。ヴァレンチーノのライディングはすごく勉強になるんです。自分のライディングも見ることがあるんですが、コーナーの半ばではかなり倒せてるんですけども、立ち上がりで早く起こしすぎてるみたいで。まあ、どこで写真を撮ったかにもよるんですが。全然倒してないみたいに見えるところもあるんです。ヴァレンチーノからもらった写真があって、たぶんムジェロだと思うんですが、すごく寝かせてるんですよ。なんか肘がするくらい。今のところ、僕の長所はブレーキングだと思います」

−今はどのクラスでレースがしたいですか?
「Moto2です。すごくおもしろいと思います。125とも違うおもしろさがあると思うんです。4ストロークで走りたいんで、できれば直接Moto2に行きたいです」

−ヴァレンチーノと同じスポンサーはないみたいですけど、やっぱり彼の弟っていうのはたいへんですか?
「そんなことはないです。タヴッリャにいる限りはきにならないですね。なにもかも普通ですから。友達もいるし、友達は、僕がヴァレンチーノの弟だから友達になってくれてるわけじゃないし。すくなくとも僕はそう思ってないですから!そこまで自分を隠して芝居ができるならハリウッドに送り込んでやる〜」

−レース中、お母さんの様子はどうですか?心配してません?
「心配はしてます。僕がレースをするのを見たくないみたいですね。でもヴァレンチーノがレースをするのも心配そうに見てますし。お父さんもおなじですよ。タバコを1箱開けちゃうくらい。でもそれを僕が気にしてるのもわかってるんで、なんか火をつけてないタバコをくわえてるみたいです」

−ヴァレンチーノはアドバイスをくれましたか?
「僕に会いに来てくれたことがないんで、アドバイスももらってないです」

−ヴァレンチーノみたいに有名になるのは怖くはないですか?
「(笑)今そうなったら、ヴァレンチーノより辛い思いをすることになりそうですけど。うちにも毎日ヴァレンチーノに会うためにやってくる人がいるんだ。で、ドアを開けるのは僕なんです。僕が友達と一緒にうちにいたことがあって、『ヴァレはうちにいない』って言っても信じてくれないで、2〜3時間うちの前で待ってた人もいました。スペインやらフランスやら、とにかく世界中からそういう人が来るんです。タヴッリャの地元の人は絶対そんなことはしないのに!僕がもっと小さい頃に、モンテッキオにお母さんと住んでた頃、子供を連れた女の人がやってきたんだ。で、ビデオを回しながらうちにずかずか入ってきて、家具とかポスターとかを撮影して、あっちこっち撮影しまくったんだ。タヴッリャに引っ越してからも、『ヴァレンチーノはここにいないの』って、やってくる人がいて、ヴァレはここにいないって言ってるのに、『またまたぁ、ここにいるんだろ、車もあるじゃない。ここにいるってわかってるんだよ!僕は彼の友達なんだから』って言うんで、『じゃあ、どこで知り合ったの』って聞いたら、『テレビでみたんだよ』って・・・。そんな感じで、毎日いろんな人が来て、ときどき泣き崩れたり、そんな毎日なんですよ!」

−そんなんだと、自分の将来が心配になりません?
「いや、そんなことはないです。むしろドキドキします。ヴァレンチーノのファンのためにドアを開けるんで、もう鍛えられてますし」

−レース前はよく眠れますか?それとも心配になって眠れない?
「良く眠れますよ」

−そのあたりはお兄さん似?
「はい、でも僕の方が早起きです!」

−他に何かお兄さんに似てるところはありますか?
「同じくらい、人に好かれてるかな」

−ヴァレンチーノはインテル・ミラン(サッカーチーム)のファンですが
「僕はローマのファンなんです。背番号10で、右ミッドフィールダーをやってます」

−あなたにもウーチョ(ロッシの一のファン?影武者みたいにロッシにいつもついている人?)みたいな人はついてます?
「はい、でも教えない」
====================
けなげだ、けなげすぎる(泣)。

ウーチョの情報はロッシファンの方よろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファンタスティック・フォーがストーブリーグについて語る(若しくは語らない)

暑くもなってないのにストーブリーグの話。
MCNより
====================
ロッシ「この5〜6年でゲームのルールが変わったんだよね。2003年にヤマハに移籍したときは、もっとシーズンが押し詰まってから話を始めたんだけどね。
 今じゃあずいぶん早くから動き出すよね、まあ、ゲームなんだけど。でも今年は特別か。4人のワークスライダーが契約切れになるんだから。みんな、何が起こるか楽しみにしてるだろうね」

ペドロサ「まだ2レースしか終わってないのにストーブリーグの話をするなんて、なんかおかしいね。まあ、今年はこれまでとは違うからしょうがないか。
 まだホンダとは来シーズン移行の話はしていないんだ。でもホンダとはこれまで何年にもわたって良い関係を築いているから、時期がくればきちんと話ができるはずだ。もちろんホンダと直接話をするよ。
(ホンダがペドロサを信頼していないんじゃないか、とあるイタリア人ジャーナリストが報じたことについて)どっからそんな話がでてきたのかわからないよ。ホンダとは良い関係を保っているし問題は全然ないと思う。ほんとにどっからわいてきた話なんだか・・・」

ストーナー「今シーズンの初めにランチの席で来シーズンのことについてチームから聞かれたよ。いつもならシーズン中盤でこうした話がでるんだけど、今年は早いよね。最初に契約するやつが馬鹿を見るのかも。こういう話は急いでするもんじゃないよ。
 この類の話は、マネジャーである父さんと僕がじっくり考えて、それで結論を出すべきものだからね

 みんな話はしてるけども、まずは今年のチャンピオンシップがいちばん大事なんだよ」

ロレンソ「まだ2戦しか終わってないのに来シーズンについての質問が来るなんて、早すぎるよ。まだチャンピオンシップのことしか考えてないし、そのあたりはマネジャーに任せてあるからね」
====================
確かに、誰も何も語ってませんが、ペドロサがいちばんナイーブで、割を食いそうな発言だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の青田買い

GPoneより。ヴァレンチーノ・ロッシの種違いの弟、Luca Mariniくん、13歳。
ホンダグレシーニから、4stミニ(125cc)に参戦中。
インタビュー諸々は週末あたりに訳しますよ。とりあえずロッシの若い頃を思わせる容姿に萌えろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ストーナーもなんだか自信ありげ

昨日訳し残したストーナーの言葉をCRASH.netから。
====================
「ルマンはストップ&ゴーなサーキットだからブレーキングでの安定性だけじゃなくて、特に低速コーナーでの機敏さも求められるんだ。
 これまで良い成績を残そうと努力はしてきたけどルマンではうまくいかなかった。今年こそはこれまでの2シーズンより良い成績を残したいね。そのためにできるだけがんばるよ」
====================
そっかー、ドゥカ自体がルマンと相性が悪いのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好調ヘイデンはルマンでも期待できそう

こちらはMCNの独自記事から。
====================
「ルマンがすごく楽しみだよ。いまはモチベーションが高まっているんだ。これまでいい結果がなかったコースで、表彰台にも上がったことはないし、フロントローにも並んだことはないけども、苦手なサーキットがあるなんて、ライダーだったら言いたくないよね。
 金曜には考えが変わってるかもしれないけど、今のところブレーキングでの安定性が高くて、これはルマンではすごく重要なポイントなんだ。
(最初の2レースについて)そうだねえ、すごく楽しかったよ。カタールはほんとにレースをした〜って感じでおもしろかったしね。まあ、ヘレスではカタールと違ってストーナーに追いつかれそうになったからなあ。でも序盤で3位を走ってたときにはほんとに楽しかった。シーズン序盤としては上々の滑り出しだよ」
====================
青山博一も言ってますが、ストップ&ゴーのルマンではブレーキングが重要なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルマンみたいなストップ&ゴーは日本人向きと青山博一

CRASH.netの記事より。これもプレスリリースっぽいですが。
====================
「ルマンは楽しみにしています。コースもわかっていて、きらいじゃないんですよ。まあ、天気が問題ですけどね。いつも晴れたり降ったり晴れたり降ったりで、ドライやウェットの状態が続くことがないんですよね。でもコースレイアウトはもてぎみたいな感じで、ストップ&ゴーなので、日本人ライダーにはなじみが深いんじゃないでしょうか。
 ヘレスでのレース後のテストではマシンの感触がだいぶつかめてきました。だからルマンではプラクティスからいい感じでレースに向けたセッティングができると期待しています。これまで表彰台に上がったこともないので、まあ始まってみないとわからないですけどね。
====================
やっと路面の感触がつかめるようになったのか、それとも新型フレームがサテライトにも供給されるようになったんでしょうか?詳しい方プリーズヘルプ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスGP プレビュー

ってったって、日本語で出してるのはヤマハだけですが・・・。

この他にはホンダが英語で出してますね(SuperbikePlanet)。
とりあえずかいつまむと、ペドロサは通算150戦目に向けてやる気満々。スペインの好調を持続したい感じ(ちなみにスペインでラストラップにロレンソにつかまったのは電子制御が間違えて燃費モードになってしまったかららしいです)。ドヴィツィオーゾは、ペドロサがヘレスで使ったニューシャーシをルマンで使う予定で、これまたレースを楽しみにしている様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バウティスタはフランスGPに出るつもり満々

ですってよ、奥さん。
以下、autosport.comが伝えるバウティスタのお言葉。
====================
「ヘレスからこれまでずいぶん時間がたったような気がするよ。早くレースがしたいね。先週ちょっとした事故で鎖骨を折っちゃったのは残念だけど。
 もう手術で治したし、まだずいぶん痛むけれども、週末に向けて集中力を高めているところだ。
 ヘレスでは10位で、ルーキーとしては最上位だったけど、もっと前を走りたいね。スペインではスタートがうまくいかなかったんで、そこをなんとかしようとしているところだ。テストでも練習したからレースではうまくいくといいと思う。
 いずれにしても、そういう細かい話は抜きにして、とにかく今はバイクに乗ってベストをつくすだけだ」
====================
・・・宣篤・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青山が手の小手術

CRASH.netより。
====================
青山博一は先日手の小手術を行った。フランスGPには問題なく出場できる模様である。
Bikeracing.itによると、レース終盤に感覚がなくなることを訴えていた青山は、バルセロナで手術を受けたとのことである。
とは言え、スペインGPとフランスGPの間が3週間開いていることから、回復には十分な時間を取れると言うことであり、ルマンでは問題なく走れるようだ。

その間に青山は、同じくインテルヴェッテンがスポンサーをつとめるサッカーチームのエスパニョールの試合に顔を出している。
試合開始前に、カタールで10位に入ったMotoGPバイクでスタジアムの正門前に現れた青山は、多くのファンに歓迎された。

青山と共にステージに現れたのはエスパニョールのプレイヤーであるイヴァン・デラ・ペーニャだった。デラ・ペーニャから青山にはちょっとしたプレゼントが贈られた。
====================
どんな手術だったか気になるところです。しかし、日本じゃなくてスペインで手術を受けるのも勇気がいるだろうなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バウティスタのルマン出場可能性は99%

と、スズキが言っています(CRASH.net)。
以下スズキの広報の発言。
====================
「きちんと状況を把握するまでは公式見解はだせません。アルヴァロは鎖骨骨折で外科医のところに行っています。ただ、初期の所見では今週末のルマン(フランスGP)には99%の確率で出場できそうです。
 噂には尾ひれがつくもんですからね。今のところフランスで走れる予定ですよ。
====================
ちぃっ(黒)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バウティスタが鎖骨を骨折したらしい

MCNより、記事の内容をかいつまんで。
====================
スズキのアルバロ・バウティスタはモトクロスでのトレーニング中に転倒して、鎖骨を骨折した模様。ルマンは欠場すると見られている。
代役にはシルヴァン・ギュントーリか青木宣篤の名前が挙がっている・
====================
こうなると生放送がないのが痛いなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロッシの確保が優先

ヤマハのチーム監督古澤まさお氏がMCNに語ったところによると、ヤマハはロレンソを手放してでもロッシを確保する方針とか。そんなこと言っちゃっていいの?
====================
「ロッシもロレンソも必要だし、そろそろ意志決定しなければならない時期が来ています。両ライダーとも確保したいですが、ライダーの気持ちもありますからね。
 正直に言ってしまうとホルヘよりもヴァレンチーノの方が優先順位は高いですよ。彼は2004年にヤマハに来て、以来ものすごい貢献をしてくれてますから。
 もちろんヤマハもそれなりの金額を払ってますが、彼もその分一生懸命働いてくれてます。これまでやってきてくれたことに感謝してますから、そういう意味でも、どっちか選べと言われたらホルヘよりヴァレンチーノですね」
===================
むう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

99%ヤマハだよ、とロッシ

Motomatters.comがガゼッタ・デロ・スポルトの記事としてロッシの発言を伝えています。
====================
ロッシ:「ドゥカティの技術監督のフィリッポ・プレツィオーニと仲が良いのは事実だけどね、でも今のところドゥカティとの交渉はしてないんだよ。99%の確率でヤマハに残ることになるだろうと思うよ」

そしてプレツィオーニ自信もこれを裏付けています。
「ヴァレンチーノに関しては何年も話をしているけどもドゥカティへの移籍の可能性は少ないね。もちろんヴァレとは良い関係を築いているし、個人的にも仲が良いけど、彼はヤマハに残りたがってるから、真剣に移籍の話をしたことはないんだ。
(ストーナーと、前ドゥカティ監督のリヴィオ・スッポについて)リヴィオがチームを離れると僕らに伝えた時点で、彼はストーナーも連れて行くつもりだと言っていたよ。ケイシーも、ホンダと契約ができているようなことを言っていた。結局ホンダに行かなかったのは、僕らが彼を引き留めたのもあるけど、彼がマシンに満足していたのも大きいね。
 僕が知る限りストーナーはまだホンダとサインをしてないし、リヴィオもそう言ってる。彼は友達だから、嘘は言わないと思うよ。
 ドゥカティはロレンソにも興味をもっているよ。まだ若いし、ランキングトップだからね。でもまだ契約を結ぶには時期が早いかな。夏になるまでは何もはっきりしないと思うよ」
====================
意外に今年のストーブリーグというか、夏のsilly seasonは動きがないかもですね。それはそれで素敵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕もF1に乗ってみたいな〜、とロレンソは言った

CRASH.netが伝えています。
====================
「F1のパドックには独特の魅力があるよね。レース自体はバイクの比ではないけどね。でもマシンに注ぎ込まれている技術やパドックの人たちの魅力はF1独特なんだよね。
 ヴァレンチーノがあと4年ばかりMotoGPでやるのか、それともF1に行くのかはわからないけど、僕はまだまだMotoGPでやらなきゃならないことが残っている。
 まあいつかF1にも乗ってみたいけど、プロのドライバーになる気はないよ」
====================
ややタイトルは嘘ですな(笑)。むしろF1に乗ってみたいけど、まあ今はいいや、って感じ。ちなみにホンダ-ストーナーとなると、ロッシがドゥカティにいって、ロレンソはヤマハ残留とかなのかなぁ・・・。ニッキーがヤマハにくれば面白いのに、って去年もそんな話をしてたよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーナーのホンダ移籍決定説はそっこーで否定される

ストーナーのホンダ移籍が決定したという噂がイタリアのメディアで流れたらしいのですが(CRASH.net)、これをホンダのマネジャー、リヴィオ・スッポがそっこーで否定しています(Motomatters.com)。曰く、「まだ誰もサインなんかしていないよ」

今からこの調子じゃぁ、サマーブレイク中はどんなことになるのやら・・・。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッシのチーフメカ、ジェリー・バージェスはロッシがヤマハに残るのを希望

ってな記事がMCNに掲載されてます。
以下、ジェリー・バージェスがMCNに語った内容。
====================
「もしわがままを言わせてもらうなら、ロッシと一緒にヤマハに残るのが一番いいね。ヤマハでキャリアを終わるのを見たい人がたくさんいるんだ。監督の古澤さんが何度も言っているようにね。
 マーケティングの観点からも、ロッシをヤマハのライダーとして覚えてもらえればいいよね。もしヤマハ以外のチームに移籍しても、そう長くは走れないだろうし、それはロッシにとってもいいことじゃないだろう。さらにヤマハの損失も大きいしね。ただ、逆の見方をすれば、実力があって、なおかつ若いライダーにチャンスを与えるチームも必要ではある。
 一般論では、若いライダーはベテランの座を奪ってのしあがっていくものだけど、ホルヘ(ロレンソ)なんかは、ロッシと入れ替わることなく上がってきてるよね」

(ロレンソがヤマハに残りたいと言っているのを受けて、)「理想通りに世の中を動かせるなら、ロッシとロレンソが一緒に残るのがベストだよね。もちろん、ベン(スピース)がヤマハに来たのを受けて、ロッシとロレンソを別れさせようと画策してるチームもあるだろうけど、ベンもすぐにどっか別のメーカーに行くということはないと思う。だから、2011年はヴァレンチーノとベンか、まあそれも悪くないけど、ホルヘとヴァレンチーノになるか、ことによったらホルヘとベンになるかもね」
====================
つまりヤマハワークス的には、ロッシ、ロレンソ、スピースの3人の内2人ってことか・・・。ってまあ、いずれにせよジェリー・バージェスはロッシと一緒に動きそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズキも1000ccに移行する模様

スズキの監督、ポール・デニングがMCNに語っています。
====================
「現時点でMotoGPに参加しているワークスは、800ccでいつまでも続けるってことはないだろう。排気量に勝るチューンナップはないからね。ラップタイムだけ考えたら800ccもありかもしれないけど、そう長い間800ccでいけるとは思わないよ。みんな1000ccに戻りたいんじゃないかな」
====================
とはいうものの、市販車に結びつかなさそうなV4でいつまでやるのかも気に掛かるところ。いくらなんでもGSX-Rベースの方が速いってことはないでしょうけど、商業的には直4の方がいいんでないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついでだから、どっちが正しい発音なのか教えてプリーズ

下の記事のシューター/スッターだけでなく、自信のない表記についてい一挙解決したい〜。
====================
(英語)トースランド/トーゼランド(後者の方が正しい気がする)
(英語)スピーズ/スピース(これはかなり自信なし)
(スペイン語)ロレンツォ/ロレンソ(私にはロレンツォと聞こえるのですが・・・)
====================
他にもありそうな気もするけど、とりあえず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アスパーはシャーシをRSVからシューター(スッター)に変更

Motomatters.comが伝えるところをかいつまんで紹介すると、当初、チームの要求がダイレクトに通りそうだと言うことで(シューターやモリワキではなく)RSVをシャーシに選んだチーム・アスパーですが、他のコンストラクターのシャーシより10kgも重く、空力も悪い(トップスピードで4〜5kph遅い)RSVをあきらめて、フランスからはシューターを使うようです。
モリワキにしないのは、数千ユーロの価格差、とシューターにとってアスパーのような有力チームと組みことのメリットがあるからとのこと。
シーズンが始まったばかりなので、傷は最小に抑えて、新しい展開に期待する、ってところでしょうか。
====================
・・・昔風にシューターって書いてたけど、スッターが多勢なので、ドイツ語発音の本当のところをだれか教えてプリーズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドゥカティはストーナーとの契約延長に向けてやれるだけのことはやる

先日のホンダがストーナーにご執心、という記事を受けて、ドゥカティのボス、アレッサンドロ・チコナーニ(Alessandro Cicognani)がMCNに語っています。
====================
「もちろんストーナーを手元においておきたいけれど、彼を急かしたくはないんだ。7月初めのバルセロナ(カタロニアGP)までは何も起きないと思うよ。ケイシーとのお父さんとは話をしているけどね。ケイシーに興味を持つワークスチームからのプレッシャーも強くなってることはわかっている。でも彼はドゥカティで何が手に入るのか判っているし、チームのことも好きなんだ。だからこちらとしてはケイシーに止まってもらうためにできるかぎりのことをするだけさ」
====================
と、まあ予想通りのコメントですが、ロッシが「6月が終わるまでは何も動かない」と言っていたのと併せると、「7月初めのバルセロナ」ってのは、なかなか意味深な発言にもとれますな。いや、うがちすぎかもしらんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバーストンはおもしろそう(カピロッシ語る)

イギリスGPに先駆けて、カピロッシとバウティスタがGSX-R1000で10周ばかり試走したそうです。その感想をautosport.comより。
====================
「かなりおもしろかったよ。レイアウトもいいし、MotoGPにとっても高速サーキットで、ことによったら、今まで走った中で一番アベレージが高いんじゃないだろうか。
 マゴット〜ベケッツ〜チャペルと続くS字もすごくいいね。それにスピードがのせられるのがいい。良いリズムがつくれそうだ。ロングストレートのあとの次のコーナーもおもしろいしね。
 GSX-Rにはタイトすぎるコーナーも新設されたところにはあるから、きっとMotoGPマシンだと、もっときついだろう。ブレーキングもぎりぎりまで我慢するしね。右コーナーもタイトだけれど、左コーナーはもっときつい。でもそれを除けば良いサーキットだよ。
 もっとも路面の状態はいただけないね。最終コーナーのバンピーさはひどいよ。たぶん舗装が古いタイプなのと、今日は路面が埃っぽくって、天気も余り良くなかったからグリップしなかったんだよね。
 1コーナーもバンピーだったけど、とにかく最終コーナーがひどいんだ。まあ、あのばかげたシケインをやめてくれただけでもありがたいけどね。まだシケインがあるときにスーパーバイクのレースを見たことがあるんだ。それと高速コーナーはほんとにいいから楽しみだよ」
====================
ちなみにニューサーキットのコース図はこちら。ABBEYからBROOKLANDSまでの、中にぐっと折れ曲がったあたりが新設部分です。こうやってみると、古式ゆかしいオールドコースの良さを残していて、楽しみですね。ドニントンも良かったけど、シルバーストンもいいんではなかろうか。F1好きな方、どんなんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーナーの来シーズン

もう始まってるのかよ・・・って愚痴はおいといて、ストーナーの来シーズン獲得について、ホンダはやる気満々って記事です。MCNより全文翻訳
====================
2007年のチャンピオン、ケイシー・ストーナーの獲得について、ホンダの経営層は相当乗り気な模様。
ストーナーの父親でありマネジャーでもあるコーリン・ストーナーは、先週末にヘレスで行われたスペインGPでドゥカティ及びホンダの双方と2011年に関する話し合いをもった。ストーナーはビッグ4(ロッシ、ロレンツォ、ペドロサ、ストーナー)の一角であり、他のビッグ4と同様に今年の終わりには契約が切れることになる。そこでHRCは07年以来ドゥカティに20勝をプレゼントしたこの24歳のライダーを狙っている様子である。
ホンダは2006年のニッキー・ヘイデン以来のチャンピオンを狙ってストーナーの獲得を目論んでいるらしい。ダニ・ペドロサは今シーズンでホンダワークスの5年目となるものの、未だにチャンピオンの有力候補とは目されていない。さらに(前ドゥカティワークスの)リヴィオ・スッポがHRCにおける人事権を握っていることも、この観測を裏付けている。
スッポは2006年にドゥカティにおいてストーナーと契約した当の人物であり、ホンダに再びの勝利をもたらしてくれるものと大いに期待されている人物である。
スッポは以下のようにMCNに語っている。
「そんな話をするには早すぎるという意見もあるだろうが、トップ4が全員今年で契約が切れるんだから、誰が誰と話をしようが構わないだろう。みんな現況を把握しようとして躍起になっているからね。もうコーリン(ストーナー)とはヘレスで話をしているよ。ホンダは本来いるべきトップの座に帰り着きたいと考えているし、僕らはそのために働いているんだ。
ケイシーの強さは最初から速くて、しかもいつも速いことだ。これは僕のような技術者にとっては、データを集める上でもすごく重要なことなんだ。
最初から速くて、しかもセッティングが違ってもラップタイムを出せるという能力は、ホンダにとってもマシンの状況を理解するのに大いに役立つと思う。これがケイシーの強さなんだ」
これほどホンダが興味を示していても、パドックでは、ストーナーはドゥカティと契約を延長するだろうという意見が多勢である。
====================
冒頭の一文は原文で「Honda management are being cagey about an approach for 2007 world champion Casey Stoner.」となっていて、まあcageyとCaseyが韻を踏んでいるのはよしとして、米語でcageyは「慎重な」とか「ためらう」という意味になっているのに、文脈からは「のりのり」みたいな感じなので、後者を採用してます。英語が得意な方、ヘールプ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘレステストかいつまみ

・・・かいつまみなんて日本語は無いですが・・・。
いろいろまとめてCRASH.netより。
====================
まずはトップのペドロサ「今日は有益な1日になった。サスセッティングに時間を使ったんだ。(中略)今日のクラッシュはへんな感じだった。あんなこと今までなかったよ。でもとにかく怪我はなかったし、ルマンが楽しみだね。(後略)」

2位のロッシ「やっと良いセッティングがみつかってグリップが安定してきたよ。ちょっと遅きに失したけどね。ブリヂストンの新型フロントタイヤを試してみたんだ。これはすごくいいね。あとエンジンの仕様違いも試してみた。加速が改善されているやつだ。大きくは違わないんだけど、結構重要な改善だね。まあレースで使えるかどうかはわからないけど。(後略)」

3位のロレンツォ(5/4お誕生日おめでとう!)「(ヘレスで後半だけが速かったのを受けて)今日はスタートのテストばっかりやってたよ。25回くらいやったかな。(中略)あとはトラクションコントロールも含めた電子制御系と、シャーシのニューパーツを試したよ。それと仕様違いのエンジンもね。違いはわずかだけど、はっきりわかるよ。たぶん良い方向に進んでると思う。明日(5/4)は誕生日だから、ヘレスでの祝勝会も兼ねてパーティーだね」

レースではいいとこなしで、今回のテストでも6位、しかも全66周の内、4周目に出したタイムを更新出来なかったストーナーは意外にもポジティブ。「今日は生産的な1日だった。昨日より良いセッティングを見つけられたしフロントのフィーリングも良くなったからね。思い切って方向性を変えてみたら、これが良かったんだ。まあ本当に良いかどうかは次のレースを待たないといけないんだけどね。他のコースと比べてヘレスはフロントへのプレッシャーが高いんだ(後略)」
====================
それぞれみなさん有益なテストだったみたいですな。っつーか、シーズン前のテストが少なすぎて熟成が足りないもんだから、シーズン中テストが有益になっちゃうのかもだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘレステストのタイム

とりあえずCRASH.netより。
====================
1. ペドロサ 1m 39.425s
2. ロッシ 1m 39.480s
3. ロレンツォ 1m 39.506s
4. ドゥピュニエ 1m 39.609s
5. ドヴィツィオーゾ 1m 39.760s
6. ストーナー 1m 39.786s
7. ヘイデン 1m 39.906s
8. スピーズ 1m 39.958s
9. カピロッシ 1m 40.040s
10. エドワーズ 1m 40.042s
11. メランドリ 1m 40.129s
12. シモンチェリ 1m 40.370s
13. カリォ 1m 40.446s
14. バウティスタ 1m 40.463s
15. 青山 1m 40.470s
16. エスパルガロ 1m 40.686s
17. バルベラ 1m 40.932s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロレンツォはヤマハに残りたいらしい(しかもロッシと)

autosport.comが伝えるところによると、去年ロッシが「ロレンツォと契約するなら僕はヤマハを出て行く」と言ったことに関係なく、ロレンツォはヤマハ残留を強く希望しているとBBCに語ったそうです。
以下、例によってロレンツォの発言。
====================
「いや、2人一緒でも大丈夫でしょ。なんでだめなの?ヴァレンチーノから学ぶことも多いし、もし一緒のチームにいられるならその方がいいんだ。でなきゃ同じマシンに乗って、一人だけが速いってことになって、あまり良い状況じゃなくなるからね。
(2009年でヤマハを出ることをどれくらい真剣に考えたか訊かれて)正直相当悩んだよ。嘘はつきたくないから言うけど、ドゥカティはかなり魅力的なオファーをしてきたからね、金銭面でもマシンの面でも。
 ヤマハに残ることにした最大の要因はまだ250ccチャンピオンだったころからヤマハは目をかけてくれたってことなんだ。それでヤマハにいるべきだと思ったんだよ。
 そろそろチャンピオンを狙ってもいいよね。ヴァレンチーノは何度も獲っているし、ケイシーもチャンピオンになったことがあるけど、ぼくはまだタイトルを獲っていないから、そういう意味ではプレッシャーは少ないよ。
 出来る限りがんばるよ。もし勝たなきゃならなかったのに2位にしかなれないなら正直にそう言うし、来年に向けてさらに努力するだけだよ。勝つために闘ってるんだし、そのための努力は惜しまないつもりだ」
====================
冒頭の発言は「ホルヘくん」っぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年にも1000cc導入か

GPweek誌によるとMotoGPクラスへの1000cc導入は1年前倒しで来年になるかも、とのことです(PDFはこちら)。たまには記事全文を。
====================
 5年間続いた800cc時代を受けて、2012年に導入が予定されているMotoGP1000cc計画であるが、これが1年前倒しになる可能性が出てきた。ヘレスで行われたグランプリ・コミッションの席でドルナが新ルールの導入を強力にプッシュしてきたのだ。
 その背景には、もともとは来年に250ccから完全移行するはずだったが、結局はドルナの後押しにより今年から4st600ccのワンメイクに移行したMoto2クラスの状況がある。今回の会議でMSMA(メーカー団体)から出されるものとドルナが期待していた新提案がなかったことから、グリッド台数を増やすための3クラス並立案はそのままとなっている[(1)現行の800cc、1シーズン6エンジン、タンク容量21L、(2)1000ccプロトタイプ、(回転数制限のため)最大ボア81mm、1シーズン6エンジン、タンク容量21L、(3)1000ccの「クレイミング・ルール・チーム(claming-rule-team:以下CRT)」バイク:市販マシンのエンジンをベースにすることが可能で1シーズン12エンジン、タンク容量23Lの3クラス]。ここで言う、クレイミング・ルールとは、2万ユーロから3万ユーロ程度で他チームのエンジンを買うことができるというものであるが、権利の行使は年4回に制限されている。これは運営力もないのにマシンだけ走らせようというチームの参加を禁じるとともに開発費の高騰を抑えるために導入されるものである。
 今のところCRTマシンはワークスと互角に渡り合えるとは考えられていないが、ワークスマシンのリースよりはるかに安価なことからスポンサーにも説明がしやすく、チームにとってもメリットがあるものと思われる。しかしながら、適正なエンジンを適正な価格で、という別の考え方もある。フォーミュラ1では複数の独立したチームがコスワースエンジンを使用しているように、MotoGPでも同様の方法をとることもできるのではないか。
 2012年ではなく来年の1000cc導入の可能性について、レースディレクターのポール・バトラーはこう答えている。
「グリッド台数が増えるなら、ドルナは待ったりしないで来年の導入を選ぶだろうね」
====================
そんな中、FB-参戦はどうなってる-コルセ、ですが、マシン開発が間に合わないようで、今シーズン中のワイルドカード出場も難しそうとの記事も掲載されています。一方Inmotecは今年中にワイルドカードで出てくるのでは、とも。
こういうのもありだけど、むしろグリッド台数が不安だ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮫川はあきらめるよ(泣)

喉の腫れが引かないので、鮫川はあきらめます。この体で渋滞を乗り切る自信がないざんす。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新規ウィンドウで開かなくしました

これまでMacワンボタン派の方のために、リンク先は自動で新規ウィンドウで開くようにしていましたが、自分もMacでスクロールホイール付き2ボタンマウスを使っていたりするし、やっぱうざい、と思っている方もいらっしゃると思いますので(実は自分)、リンク先は基本同じウィンドウで開きます。別ウィンドウで開きたい方はセンターボタンか右ボタンでよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッキーのレース後(プレスリリースより ネタバレ)

唯一英語なんで、ニッキーの発言をドゥカティのプレスリリースから。これも一応ネタバレ扱い。

続きを読む "ニッキーのレース後(プレスリリースより ネタバレ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Moto2 トップ3のインタビュー(ネタバレ)

MCNより。ネタバレになるので、本文は続きから。

続きを読む "Moto2 トップ3のインタビュー(ネタバレ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインGP 公式リリース(リンク先のみネタバレ)

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキ

====================
濡れたレザースーツは重くて溺れるかもしれないので、ご注意を<何にだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインGP 土曜日 記事つまみぐい

またまたCRASH.netより。
====================
ポールのペドロサはなんだか悲観的。
「新型フレームは確かにいいけど、まだ安定性に欠ける。フロントローにつけたかったから、相当プッシュしたけど、ポールがとれるとは思わなかった。まあなんにせよ、ヤマハはもっといけるんじゃないかな。今のところ、マシンはまだ問題が多くて、ぶれっぱなしだから、ポールは関係ないね。言いレースができればいいけど。
 ファンも多いから、勝利を目指してがんばるよ。みんなが僕に力を与えてくれるんだ」

ロレンツォは割かしポジティブかな。
「午前中は良いタイムが出たんで、予選もうまくいくといいと思ってたんだけど、気温が上がってちょっと苦労したよ。午前中の感じで行ければ良かったんだけどね。まあラップタイムは悪くないしフロントローだから、いいかな。
 明日を楽しみにしてるよ。スペインのファンの前で良いレースができる自信もあるしね。みんなの声援が待ち遠しいよ」

ロッシはちょっと満足していない感じ。
「もちろんフロントローなら言うことはないけど、4番手も悪くはない。午前中に比べたらずいぶん良くなってるからね。ペドロサの後ろ、6番手まではタイムが接近してるよね。予選ではハードタイヤで39秒台で回れたしね。確かに速くはなってるけど、まだ一定して速いわけじゃないから、明日に向けてすることはたくだんある。
 肩はずいぶん良くなってきている。クリニカモビーレには感謝しなきゃね。まだ完調ではないけど、痛みは大丈夫だよ。明日はファンの前で良いレースができるといいな」

ストーナーもちょっと不満気。
「昨日と、今日の午前中は良かったんだけど、もう0.2〜0.3秒くらい上げたいね。結局昨日と同じセッティングに戻したんだ。
 フロントローに並べたのはよかった。期待していなかったからね。でももうちょっと進歩していてもいいと思う。明日のウォームアップで少しいろいろ試してみて、うまくいけばいいんだけど。
 まあ、最初に比べたらマシンは全般的にいい状態になってきている。自信をもって走れるようになっているしね。セッティングがうまくいかないのだけが問題なんだ。今週は全然進歩していない。だから今晩は仕事がいっぱいだよ。まあ明日にならないとわからないけどね。何が起こってもおかしくないよ」
====================
四者四様ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインGP 金曜日 記事つまみぐい

とりあえずCRASH.netからつまんでみます。
====================
ペドロサはニューフレームが奏功してか、いいタイムを出しています。
「新型フレームがいい感じなんだ。おかげでトップからあまりはなれずに済んでいる。(中略)地元だから日曜はがんばるよ」

ヘイデンはカタールの好調を維持しています。
「うまく走れているからハッピーだよ。ヘレスではテストをしてないのに、こんなに良いタイムがでるんだからね。(中略)このままいければレースでも良い結果がでそうだね」

ロッシの肩はまだ痛む様子。
「肩はまだちょっと痛いんだ。特にハードブレーキングで痛む。でもまあとりあえず走れる状態でよかったよ。(中略)今日は状態を知りたかったんで痛み止めは飲んでいない。土曜と日曜はどうしようかな。
 今日は2パターンのセッティングを試したんだけど、もう少しリアのグリップが必要だ。肩よりそっちの方が問題だね」

ロレンツォは完全に治ったみたいです。
「今日は速かったんで満足してる。なにもかもうまくいったし、手も痛まないんだ。マシンも調子いいしね。(中略)完璧なMotoGPマシンなんてありえないけど、僕らのヤマハはかなりそれに近いね。あとはトップスピードがあればねえ・・・。(後略)」


おまけ。
シモンチェリが上半身裸でベッドに横たわってピースサイン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクロンH型リム オークション出品中

脚周りが替わるので、これまではいていたアクロンH型リムをオークションに出品しました。
興味のある方はのぞいてみてくださいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »