« もっとパワーを!とロッシ | トップページ | ヤマハの日本GP特設サイト »

ホンダとしてはR212Vのパフォーマンスにとりあえず満足

ホンダの小久保しんいちテクニカルディレクターがMCNに語ったところでは、ひとまずパフォーマンスには満足しているとのこと。
例によって発言部分のみ翻訳。
====================
「結果から言えば正しい方向性にあるってことですね。でもまだまだ改善しなければならないことがあります。もちろんマシンセッティングも含めてですが。
 去年はライバルと比べてブレーキング時の安定性とかで劣っている部分があったので、そういった部分を重点的に強化してきました。
 今年はいろんなところに手を加えています。ここ何年か、例えば2007年くらいからですが、ホンダは毎年モデルチェンジを繰り返してきました。ですから今年もモデルチェンジしたように見えるかもしれません。でも実際には改良を重ねた進化型モデルだと思ってます。
 大きな変更を施したところはないんです。とにかくパワーを落とさず耐久性を上げることに集中しました。それで多くの場所に小改良を加えていったんです。最終的にそれがうまくいったということですね」
====================
つまりペドロサの不調はサスと人間のマッチングってことですな。ちょっと応援してるのに・・・。

|

« もっとパワーを!とロッシ | トップページ | ヤマハの日本GP特設サイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/48095021

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダとしてはR212Vのパフォーマンスにとりあえず満足:

« もっとパワーを!とロッシ | トップページ | ヤマハの日本GP特設サイト »