« ニッキー・ヘイデンのロングインタビュー2 | トップページ | ロッシが肩とヤマハのトップスピードについて語る。 »

富沢祥也はプレッシャーなし

CRASH.netより。例によって発言部分のみ。
====================
「まず、もてぎで走れなかったのは残念ですね。コースもよく知ってるんで、マシンのセッティングで良い方向性がみつかるかと思ってたんですが。でも10月に延期されたのも悪くはないです。天気もいいでしょうし、家族や友人やファンの前で走ることができるんですから。
 次はヘレスですけど、好きなコースだし、スペインのバイクファンの前で走るのは楽しいですよ。なんか特別なんです。去年が初めてだったんですけど、レース中も観客の声援が聞こえるんです。席がコースに近いからですね。
 カタールで勝ったからといってプレッシャーはないですよ。今年の目標は確実に完走することですから。それにヘレスではMoto2マシンのテストも最後のIRTAテストでやってますから、最初のセッションから相当おもしろいと思います」
====================
この舞い上がってない感じ、ちょっとGPデビューイヤーの原田を思い出させてわくわく。

|

« ニッキー・ヘイデンのロングインタビュー2 | トップページ | ロッシが肩とヤマハのトップスピードについて語る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/48223018

この記事へのトラックバック一覧です: 富沢祥也はプレッシャーなし:

« ニッキー・ヘイデンのロングインタビュー2 | トップページ | ロッシが肩とヤマハのトップスピードについて語る。 »