« 青山の目標は昇格組でトップ | トップページ | 全日本初観戦 »

悩めるペドロサといけいけのドヴィッチ

テストではどっちがエースなんだかわからない結果になってしまったペドロサとドヴィツィオーゾですが、インタビューに答えて、それぞれ対照的な発言をしています。まずはMotomatters.com経由、元ネタはスペインの雑誌Motociclismo.esからペドロサの発言。
====================
「これまでも問題を抱えることはあったけど、これほど長く悩まされることはありませんでした。
 マシンの挙動が安定しないです。特にリアが跳ねるんですよ。それにマシン全体がふるえるし、フロントホイールも安定しないんで、全然グリップ感が無いんです。コーナー全体でそういう感じです。コーナーの入り口から出口まで遅いんで、リズム自体が遅くなっています。一つのことを解決しようとすると、こんどは別のところに問題が出るんです。かなり状況は複雑ですね。まだ解決策はみつかっていません。
 確かに厳しい状況にはありますけど、もう開幕は目の前ですし、できるだけ前にいきたいですが、とりあえず今持っているパーツでやりすごすしかないんですよね」
====================
一方のドヴィツィオーゾは、去年ペドロサがショーワのサスを使い続けたことについて、MCNのインタビューにこう答えています。
====================
「それが間違いだったとは言わないけど、去年HRCがオーリンズを使わないか、と言ってきたときには何の迷いもなかったよ。
 だって来年は使わないってわかってるものを使い続ける意味がないからね。去年は全レースでマシンと格闘しなければならなかったんだ。マシンが跳ねるんで思い通りに乗れなかったんだよ。
 去年のブルノの時点で、オーリンズでいくってホンダが決めて、それで、オーリンズにスイッチするか、ショーワを使い続けるか選べるようになったんだ。僕は迷わずオーリンズでいくことにしたよ。だって、セッティングを詰めるのには相当かかるってわかっていたからね。
 だから去年はすごく苦労したよ。でもそのおかげで今年はうまくいっている。
 ペドロサはショーワでいくって決めたんだけど、そのせいで、僕らが去年味わった苦労を今年味わっているわけだ。ダニはショーワの方がよかったんだろうね。去年はどこでも彼の方が速かったからね」
====================
実はホンダもライダー間に見えない壁があるらしいです。いやまじで。ヤマハより前から情報交換はほとんどしていないとのこと。それにしても・・・。

|

« 青山の目標は昇格組でトップ | トップページ | 全日本初観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/47977725

この記事へのトラックバック一覧です: 悩めるペドロサといけいけのドヴィッチ:

« 青山の目標は昇格組でトップ | トップページ | 全日本初観戦 »