« 2012年以降のタイヤは闇の中 | トップページ | ロッシの望みはもっとスリリングなバトル »

とりあえずヤマハのマシンの方向性にぶれはない模様

CRASH.netがヤマハの監督であるリン・ジャーヴィスにインタビューしています。ポイントは、ライダー間で望む開発の方向性が違ったらどうするかってことですが、どうもそういう問題はなさそうです。
====================
「4台とも現時点ではほとんど違いはないですよ。最初のウィンターテストでロッシが1位、ロレンツォが3位、スピーズ5位、エドワーズが7位でしたからね。
 要するにマシンはOKってことなんですよ。ライディングスタイルの違う4人のライダーにうまくマッチしてるってことですから。ですから個人的にはこれからの開発の方向性の違いといっても、ニュアンスレベルだと思いますよ。全然違う方向にいってほしい、みたいな要望は出ないでしょう。ですから、ライダー間の意見の相違についてはあまり心配していません」
====================
ただし、これはロレンツォが怪我してテストを欠場することが判明する前のインタビュー。好きに開発するなら今の内、とロッシは思っているかもってことですな。

|

« 2012年以降のタイヤは闇の中 | トップページ | ロッシの望みはもっとスリリングなバトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/47654609

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずヤマハのマシンの方向性にぶれはない模様:

« 2012年以降のタイヤは闇の中 | トップページ | ロッシの望みはもっとスリリングなバトル »