« とりあえずヤマハのマシンの方向性にぶれはない模様 | トップページ | セパンテストのタイム »

ロッシの望みはもっとスリリングなバトル

CRASH.netがロッシにインタビュー。楽して勝つより、いいバトルを見せたいって、これは余裕の発言?なんか本気かもですが。ことによったらそろそろ引退が近いことを覚悟して、125ccでデビューしたころみたいに、バトルを楽しみたいのかも。
今年は何勝くらいできそうか、という質問への答えから始まります。
====================
「2010年は去年のバルセロナとか2008年のラグナセカとかみたいなレースが見られるといいと思う。だってその2レースくらいしか、ほんとにおもしろかったレースはなかったからね。
 この2〜3年は残念なことにバトルがあんまりなかったから、みんな4〜5年前みたいなレースが見たいんじゃないかな。最終ラップまでもつれこむようなのがいいよね。
 何勝できるかなんてわからないよ。だって少なくともトップ4人は2勝以上してもおかしくないんだから。だから大事なのは確実にポイントをとって、勝てるときに勝つってことなんだよ」
====================
最後のせりふの通りなら、おもしろくもないシーズンのままロッシがチャンピオンになりそうな予感がしないでもないので、後先考えずに勝ちにいってほしいなあ。

|

« とりあえずヤマハのマシンの方向性にぶれはない模様 | トップページ | セパンテストのタイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/47654806

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシの望みはもっとスリリングなバトル:

« とりあえずヤマハのマシンの方向性にぶれはない模様 | トップページ | セパンテストのタイム »