« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

脚周り計画着手

で、なんでオレブルに行ったかというと、脚周りに手をいれるため。手に入らないパーツもすでに判明していて、最初っからつまづき気味ですが、なんとかなるでしょう、たぶん(いつもの見切り発車)。
ちなみにオレブルは店自体が地下のガレージに移転してました。そしてスロットレーシングが導入されてます。意外に楽しいんだ、これが。ちょっと心惹かれますが、泥沼系っぽいので、躊躇してるところ(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

悪夢のような電装

オレブルに行ったついでに新型SRのサービスマニュアルを見せてもらったのですが、電装周り(特にサイドカバー周辺)は悪夢のような取り回しになってます。
さらにタンクは既存のカスタムパーツが使えないことも判明(残量系のセンサーとかがついたんで)。たぶんシートベースも変わってるので互換性はなさそうな気配。まあ、実車を見てないんでなんとも、ですが。
でも、試乗してみた〜い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マシンをなんとかしてくれとドヴィツィオーゾは言ってます

autosport.comより。

2009年は相当、苦労したみたいです。以下、発言のみ翻訳。
====================
「2009年みたいに、目の前でドアがバシってしめられた感じがしたのは初めてだよ。誰もが夢見るチームに入れたのに、結果を残せなかったんだからね。
 ヤマハに行ったロッシみたいに開発に携わって、しかも誰もが彼の言うとおりに動くって立場じゃないから、ホンダのパワー不足はどうしようもなかったんだ。
 もっとも僕の望みは大きすぎたみたいで、ホンダが言うには『なんでもかんでも一気に変えるわけにはいかないんだ、2010年まで待ってくれ』ってことだったよ。僕はいろんなことを要求してるし、ホンダの人も、それはわかってくれている。
 僕の要求が通れば、ペドロサもいい思いができると思うんだ。もっとタイトル争いが楽になるとかね。それは間違いないよ」
====================
とは言え、2011年の1000cc化を前にして、どこまで開発に力を入れてくれるかは微妙な気もするなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月号のバイカーズステーション誌はSR特集!

FI化されたSRがどんな感じになってるか、気になる皆さん。今月号のバイカーズステーションはSR特集ですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランブレッタはロンシンの後継

125ccのエントリーリストにランブレッタの名前があるのを見て、どうせアプリリアでしょ、とか思ってたら、さにあらず。実体はGPから手を引いたロンシンというかエンジン・エンジニアリングのマシンのようです。autosport.comより
ただし、小山を散々悩ませたエンジンとフレームは完全新型だそうで。

とりあえず、モッズな人は応援するように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっかでみたことある、これ

ドゥカティ1198のエンジンを積んだVyrusの新型ですが、この、骨々した感じや、カチ上げたマフラーや、マットな感じの色合いや、まあ、そんなあたりに見覚えがあると思ったら、これだったよ。(身内ネタですまん)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インテルヴェッテン(でいいのか?)ご一行様、日本でRC212Vを学ぶ

2月4日、5日と行われるマレーシアはセパンでのテストに先駆けて、青山博一のチームであるインテルヴェッテン(インターウィッテンかな?)チームのメカニックが2010年型RC212Vについて学びに日本に来ているとのこと。SPEEDWEEKが伝えています。この4日間の研修には他のサテライトチームからも来ているので、たぶん合同研修会みたいなものでしょう。
記事からチーフメカであるトム・ヨイック(Tom Jojic)と博一の談話を。
====================
トム「HRC、それから他のサテライトチームとのミーティングはすばらしく有益だった。マシンもいい印象だったね。できるだけ多くの情報を得ようとがんばったよ。すべてのチームが同じマシンでスタートできるのもいい話だ。シーズン途中からは各チームの要求やワークスとの繋がり具合で変わってくるみたいだけど、とにかく最初は横一線なんだ」

博一「MotoGPクラスに合わせてトレーニングをしてきました。自転車や水泳も取り入れてますし、ジムでのトレーニングもしています。MotoGPクラスのためにはもう少し筋力をつけて体重を増やさないといけないですね。今週にはバルセロナからセパンに行きます。暑さになれておきたいですし、コースも再確認したいんです。セパンはあんまり得意じゃないんで」
====================
得意じゃないって・・・そのセパンでほぼチャンピオンを決めたのに(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロレンツォは生意気、ロッシは本物、とトースランドは言ったそうな

Isle Of Man Todayという(たぶん)新聞に載ったトースランドのインタビューをCRASH.netが報じています

「テレビで見てるとロレンツォって横柄で生意気で、いらっとくるけど、ほんとはかわいいヤツなんだ。それで彼のマークにも天使と悪魔がついてるんだろうね。もっとも悪魔の時の彼には耐えられないんだけど。
 人に囲まれているときのあの横柄さと生意気さがやなんだよね。ヘルメットを被ると出しゃばりになるし。でもヘルメットを脱ぐとシャイで遠慮がちな良いヤツに変身するんだ。
 ロッシは面白いヤツだよ、テレビで見るとおりで、ほんとにあれは演技じゃないんだ。
 間違いなくカメラの前ではショウを見せてくれるんだけど、結局のところ僕らはみんなショウマンだし、ヴァレンチーノみたいな人間がいるおかげでMotoGPが人気があるのも事実だよね。ありがたいのは、サーキットを離れてもほんとにあの通りでいいやつで、陽気なんだ。
 彼の記録が物語ってるよね、なんてったって9回もチャンピオンを獲ってるんだから。史上最高のライダーの一人さ」

まあ、ロッシに対する手放しの褒め様はおいといて、ロレンツォ評がなんだか味わい深いですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各クラスの暫定エントリーリスト発表!

FIMから暫定リストが発表(PDF)されました。「続きを読む」以降に、ずらっとリストを載せてます。

続きを読む "各クラスの暫定エントリーリスト発表!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

F1は楽しみのために乗るだけだよ、とロッシは言ってます

トーチュウに「ヤマハ、ロッシのF1転向に戦々恐々」なんて記事が載ったりして、びっくりした人もいるかもしれないので、一応火消し記事を載せておきます。っつーか、トーチュウの「戦々恐々」の元ネタはガゼッタ・デロ・スポルトというイタリアのスポーツ紙らしいんですが、どうも関係者が冗談交じりに話した言葉、例えば「あんなに速いんじゃあ、ほんとにF1に行きかねないよ(笑)」 みたいなのから「(笑)」を取り除いて発言だけ取り出したようなものに思えます。いくつかの記事をきちんと読めば「戦々恐々」なわけないじゃん、って切って捨てられるだろうに、なんだかなあ。
ってなわけで、以下、CRASH.netよりロッシの発言をかいつまんで。
ちなみにカタロニアで叩きだしたロッシのタイムは2008年のスペインGPなら予選18番手に相当するとか。シューマッハがGPマシンに乗って予選16位に相当するタイムを出すくらいすごいことですよ、きっと。
====================
「ドライで走りたかったんだけど、今朝もまたレインタイヤではしらなきゃいけなかったよ。アンダーステアに悩まされたけど、昨日よりは速かったね。最後の45分間はガソリンを少なめにしてニュータイヤでタイムアタックしてみたんだ。タイムを出すために何でもするつもりだったよ。
 もう1年もF1を運転してないけど、うまくセットアップできたと思う。ただ運転するだけより、ちょっとがんばってみる方がおもしろいからね。イタリアのファンも僕がフェラーリを運転するのを見て楽しんでくれたと思う。それにムジェロよりカタロニアの方が楽しいんだ。全体的に楽だしね。10コーナーが狭いしタイトなんで難しいけど、バイクで抜けるのに比べれば大したことはないし」

といった感想に加えて、スペインのスポーツ紙ASにこう語りました。
「明日にはまたGPライダーに戻るよ。F1に乗れるような環境が整うころには歳を取りすぎてるってことになると思う。僕なんか引っ張ってこなくてもいいドライバーがごまんといるじゃないか。バイクの世界で僕は満足してるんだ。F1に乗るのはただの気晴らしだよ。こんな楽しい機会を与えてくれたみんなに感謝しなきゃね。
 トップ4人が一斉に契約切れになるってのは普通じゃないことだと思う。個人的には6月くらいまでに決めたいね。今のところヤマハに満足しているから最初に話すのもヤマハになるだろう」
====================
こっんだけ「気晴らし」って言っても、まだF1ネタを引っ張るかねぇ・・・。まぁ、5月から6月にかけて、大騒ぎにはなるでしょうけど、別館的には、本命ヤマハ、対抗ドゥカ、大穴スズキ、希望モトシズって感じです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Inmotecはやる気だよ

CRASH.netによると、Inmotecは2010年後半にはMotoGPクラスに参戦する予定を変えていないらしいです。
それを裏付けるかのように、走行シーンのビデオも発表されてます。
どのくらいの実力かは図りかねますが、とりあえず楽しみに待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホルヘくんがヴァレンチーノくんに相談するの巻

・・・というアニメをTailendersというユニットがCRASH.netにアップしています。
記事の「To watch the latest Tailenders sketch, click here」をクリックするとスタート。音が出るので注意。
一応なんとなく訳してみました。白い方がホルヘくん、茶色い方がヴァレくん。
ホルヘくんがヴァレくんに相談にやってくるところからお話ははじまります。

以下、しゃべっている順番に訳しているので、適宜参照しながらみてね。
当たり前だが原語で聴く方がはるかにおもしろいので、英語がなんとなくでもわかる人は見てから翻訳を読むように(一応言い訳)。
それと、訳せてないところはアドバイス求む!です。

続きを読む "ホルヘくんがヴァレンチーノくんに相談するの巻"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

玉田はホンダにカムバック>ワールド・スーパーバイク

CRASH.netの伝えるところでは、2010年の玉田誠はホンダに戻ってスーパーバイクを闘うとのこと。よかったよかった。
あと気に掛かるのは周平だけか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Moto2 予想エントリーリスト(あくまで予想)

GPoneが先陣を切って、参戦予想を掲載しています。

青山周平の名前がないのが気に掛かる・・・。
あと、モリワキ、大人気ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッシ、虫垂炎で病院に運ばれる

Motomatters.comから(元ネタはGPone)。

ロッシが急な腹痛で病院に運ばれたらしいのですが、どうも虫垂炎だった模様。手術は必要ないとのこと。

さらに、GPoneはドクター・コスタにインタビューも敢行したらしいです(これもMotomatters.com経由)。

既にロッシとこの件で話をしているドクター・コスタによれば、「"検査結果を見る限り、手術は必要ないだろう。投薬だけで治る見込みだ。何の問題もないだろう。ただ、感染から炎症を発症することが考えられるので、今回の治療がうまくいっても、再発する可能性はある。 手術を受けたらバイクに乗れるくらいにまで回復するのにどれくらい時間がかかるかロッシが聞いてきた。まあ、2〜3日ってところだろうと、答えておいたよ」とのこと。

ただし、ロッシは投薬での治療を選んだようで、これに関してはドクター・コスタはちょっと不満なのか、
「もちろん、例えばテストまでの木曜日に再発したりしたら、テストはキャンセルってことになるだろうが。でもロッシは頭がいいから一番良い方法を選んでるんだろう」ですと。
====================
しかし、シーズンオフで良かったですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年型ドゥカティ(GP10)はビッグバンエンジン

CRASH.netほか、様々なサイトにドゥカティの2010年型MotoGPマシン(GP10)についての解説が載っていますが、なんでも、これまでの等爆から不等爆発のビッグバンエンジンに変更されたとのこと。
もう、パワーは充分出ているので、乗りやすさを優先するってことらしいです。
昨年苦労したニッキーには良い方向での変更かもですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会のお品書き

いやぁ、飲んだ飲んだ。

で、一人あたり約2000円(酒代ほぼ込み)×8名分のメニューとレシピです。

○カチャトゥーラのようなもの
(1)赤・黄・緑のピーマン各1、タマネギ1個、ズッキーニ代わりのキュウリを1cm角に切って、オリーブオイルで炒め、そこにホールトマトと白ワイン、赤ワインビネガーを100ccずつくらい放り込む。
(2)鶏1羽は適当な大きさに捌いて、小麦粉をまぶし、焼いたら、野菜と合わせて、煮込む。
 今回は煮込みすぎで、なんだかわからないものになってしまいましたが、本来は鶏が主役なので、形が残ってなきゃいけないんだよなあ・・・。

○フェットチーネ(カルボナーラ)
(1)デュラムセモリナ500gに卵5個を入れて、ひたすら練って、冷蔵庫で1時間休ませて、パスタマシーンで延ばす&切る。
(2)フライパンでベーコンを炒め、ここにゆでたパスタを合わせる。
(3)予め混ぜておいたパルメジャーノ・レッジャーノ数十gと卵3個、生クリーム200ccで(2)を和える。
 ちょっとうまくいってごきげん。

○サラダ(ゴルゴンゾーラドレッシング)
(1)ルッコラ、クレソン、ほうれん草を適当に切って、つぶしたクルミと混ぜる。
(2)その上にリンゴの千切りをトッピング。
(3)ゴルゴンゾーラチーズ50gに白ワイン50cc、生クリーム100ccを混ぜてドレッシングに。
 これは「カルミネシェフのイタリアン145のアイディア」って本からカルパッチョのドレッシングだけいただいたもの。おいしかったと思う。

○ランプ肉のペッパー&マスタードソース
(1)生クリーム100ccに、包丁で叩いて軽くつぶした白・黒・ピンク胡椒を入れる。さらに白ワイン50ccとディジョン・マスタード、粒マスタードを大さじ1杯くらい入れて、軽く煮詰めてソースはできあがり。
(2)ソースをミディアムに焼いたランプ肉にかけてサーブ。
 ベルギーのVincentという肉料理屋で食べた味の再現。

○エビのエスニック風味
(1)エビ20尾は殻を剥いて、背開きにして背わたをとる。
(2)マリネ液をつくる。醤油、オリーブオイル50ccずつに、オレンジの葉の刻んだものとショウガの薄切り適量、レモングラス、塩、胡椒して、(1)を殻ごと一晩漬ける。
(3)殻と一緒にエビを焼き、殻は捨てて、エビだけサーブ。
 マリネ液はジェイミー・オリバーのシンプルクッキングで紹介されてたレシピだと思います。

あとはいつもの焼きアサリ(fromなっしーさん)と芝山親方監修のポテトアップルパイ(fromシィちゃん)、人形焼き(from Junさん・ひろむさん)って感じでした。
今回は酒がいやに充実していて満足満足。
白ワイン2本と赤ワイン1本、赤スパークリング1本(from Junさん・ひろむさん)、獺祭1升(fromとみたさん)がほぼ空に(笑)。さらに栗焼酎(fromにーさん)も結構減ってた気がする。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ロレンツォのヘルメットがe-bayに

GPoneから。

ホルヘ・ロレンツォが11/8のヴァレンシアGPで被ったHALO(Xbox360のゲーム)仕様のヘルメットがe-bayに出品されてます。
1/8の18:05現在1,060ユーロ(15万円くらいかな。コンマとピリオドが日本の表記と逆なのでご注意を。)。
売り上げはネパールの子供たちのために役立てられるとのこと。

スペイン語だけどとりあえずいってみるぜ、という方はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガゼッタ・デロ・スポルトによるシモンチェリのインタビュー

autosport.comに、イタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が行ったシモンチェリへのインタビューが掲載されています。タイトルは「シモンチェリ、野望はぐっと抑えて」ってな感じでしょうか。

====================
「250にデビューしたときも本当に大変だった。特に初年度はね。でも年々成績が上がっていったんで、MotoGPでもそうなると良いと思う。
 そりゃあ出来るだけ早く学習するにこしたことは無いけれども、しばらくは耐えないとね。どのクラスでも一定レベルまでは簡単にいけるんだけど、本当に速くなるには全てが完璧でないといけないんだ。ライダーだけじゃなく、マシンも良い状態でないと思うように操れないからね」

(2009年のホンダはペドロサしか速くなかったが、という質問に答えて)
「RC212Vは良いマシンだと思う。デ・アンジェリスも、エリアスも速いときがあったからね。
 ドヴィツィオーゾも最初はうまくやっていたし。ここんとこうまくいってないけど、MotoGPマシンはセッティングする項目が多いから、すぐに正しい道を見失ってしまうんじゃないかと思うんだ。最初はがまんして、あまり自分にがっかりしないようにしないといけないだろう」

(メランドリに勝てる可能性について聞かれて)
「勝てるといいね。でも彼は経験豊富だし、めちゃ速いから、彼に勝つってことはチャンピオン争いをしてるってことだと思うよ」

(子供の頃のあこがれだったカピロッシやロッシと走ることについては)
「そりゃぁ妙な気分だよ。だって僕が8歳の時にカピロッシが走るのを観てたんだよ。それにロッシは今でも僕のアイドルだしね。
 妙な気分ではあるけど、うれしくも思うんだ。コースの上では強敵になるけど、レースが終われば良い友達でいられると思う。僕らはいい大人なんだし、スポーツマンだからね。うまくやっていけると思うよ」
====================

例によって、生意気なんだか無邪気なんだか冷静なんだか、よくわからないコメントですが、とりあえず外に向かってはルーキーらしく控えめに、ってところでしょうか。博一と共に来シーズンの台風の目になるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビモータのMoto2マシンはやっぱりHB4

イタリアのサイト、GPOneに、Youtubeに投稿された映像が掲載されていました。こちらにも貼り付けておきます。
タンクのせいかもしれないけど、全体の雰囲気が大失敗作due(オリジナル2st500ccエンジンを積んだバイクですが、商業的にも技術的にも失敗作と言われており、ビモータの何回目かの倒産を招きそうになったマシン)に似ているのが気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハオフィシャルサイトによるホルヘ・ロレンツォのインタビュー

これまたCRASH.netからです。
====================
−お名前は?
「ホルヘ」

−名字は?
「ロレンツォ」

−歳は?
「22歳」

−職業は?
「モーターサイクルライダー」

−シーズンが終わったわけですが、今はどんな感じですか?
「ランキング2位を獲れて満足しているよ。表彰台には何度も登ったし、4勝できたし、ポールもたくさん獲れたし。素晴らしいシーズンだったね」

−リラックスはできましたか?テストもあったし、あまりお休みは取れなかったのでは?
「そうだね、休みはあんまり。月曜には鎖骨からプレートをはずす手術をするんで、リラックスするのはその後かな。身体的にも精神的にも休みを取るのは大切だし」

−今シーズンの総括ですが、良いシーズンだったと思うのですが、今の気分をファンに伝えるならどんな言葉になりますか?
「フィアットヤマハみたいなドリームチームで闘えたのはすごく良い経験だったよ。チームとしてはライダー、チーム、メーカーの3タイトルを独占できたしね。これ以上の成果はないよ。
 それに、ヴァレンチーノ・ロッシとタイトル争いをするのはすごく楽しかった」

−今シーズンを振り返ってみて、あの時こうすればよかったってことはありますか?
「間違いなく最初の転倒だね。今年の第3戦のヘレスのことだよ。ストーナーを抜いて3位に上がろうとしていた時だ。4位でフィニッシュしてポイントを獲っていれば、いろいろ変わっていたと思う」

−ヴァレンチーノ以外で今シーズン一番のライバルは誰でしたか?
「間違いなくストーナーだね。3レース欠場したけど、もし体調が万全でコースもマシンも完璧なら、ほとんど無敵と言ってもいいくらいだ」

−来シーズン前のテストまで数か月ありますが、どんな風にリラックスするんですか?自由な時間をどんな風に使う予定です?
「ほとんど暇な時間はないんだ。競争は厳しいし、ものすごい高いレベルで争ってるんで、あんまり休んでいるとパフォーマンスが落ちるんだよ。
 もちろんシーズンは終わったわけだからトレーニングのレベルは多少落とすけど、それでも全然やらないわけじゃない」

−マシンの改善についてはどこを中心に取り組む予定ですか?
「もちろんエンジンパワーだよ」

−ウェブについてなんですが、lorenzo99.comというすばらしいサイトをお持ちですよね。ウェブについてはどうお考えです?FacebookのようなSNSもありますが、使ってらっしゃいますか?それと、ネットはお好きですか?
「うん、僕にとってネットは重要なんだ。未来があると信じてるし、すぐに新しい技術が入ってくるんで、みんなに提供できる物も増えてくるんだ。あと、2〜3日でTwitterも始めるよ。これでファンのみんなの近くにいることができるからね」

−フィアットヤマハと、それとあなたのファンに何か一言。2010年までバイバイ、とかでもいいんで。
「ヤマハフィアットチームのファンのみんな、こんにちは。今年(2009年)はすごくいい年だった。来年もこの調子でいきたいと思っているよ。じゃあね」
====================
・・・すごい無愛想、というか心ここにあらずって感じです。こうしたインタビューが嫌いなのか、それとも何か予定があったのか。まあ好意的に解釈すれば、トレーニングに励むっていうシーズンオフの予定と丸刈りが相まって、求道者風に見えないこともないですが・・・。

そんなこととは関係なく、引き続き新年会参加者募集中です。「くるくるびろーん」の参加者もね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

今年も去年くらいのペースで更新できればいいなあ、と思ってますので、お楽しみに。

あと、新年会ですが、いまんとこ
 tonちゃん
 なっしーさん
 にーさん(未定)
って感じでよろしいでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »