« 1000ccエンジンへの移行は明日決定の見込み | トップページ | 旗の台ヌーボー2009 »

プロトタイプの定義はなし>2012年から1000cc(MotoGPクラス レギュレーション)

FIMのプレスリリース(PDF)で、2012年からのMotoGPクラスエンジンのレギュレーションが発表されました。
これによると、
================
最大ボア81mm(4気筒の場合ストロークは最小で48.5mm)
気筒まで
4ストロークのみ
マシンはプロトタイプに限る。MSMA(メーカー団体)以外のエントリーについては、グランプリ・コミッションの承認を得ること。
=================
となっています。
つまり、メーカー(ワークス)だったら(考えにくいですが)量産車ベースのエンジンをもってきてもOK。プライベーターがワークスから供給される以外のマシンを用意する場合はグランプリ委員会の承認を得ればOKと。
要するにプロトタイプマシン(プロトタイプエンジンではない点にも注意!)を定義づけることなく、とりあえず1000ccにもどすことだけを決めた、ということみたいです。

まだ何も決まっていないってことですね。っつーか、決めないまま、シーズンインすると見た。

追記:2012年からは4気筒まででした。お詫びして訂正。

|

« 1000ccエンジンへの移行は明日決定の見込み | トップページ | 旗の台ヌーボー2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/47001530

この記事へのトラックバック一覧です: プロトタイプの定義はなし>2012年から1000cc(MotoGPクラス レギュレーション):

« 1000ccエンジンへの移行は明日決定の見込み | トップページ | 旗の台ヌーボー2009 »