« HAYATEレーシングもMoto2に専念か | トップページ | スズキのエンジンはまだ大丈夫 »

エンジン台数制限違反のペナルティにホンダはご立腹

エンジン台数制限(チェコGPからの7戦で5基以内)に違反すると、ライダーは最後尾グリッドから、マニュファクチャラーには10ポイント減算というペナルティが課せられるのですが、このマニュファクチャラーに対するペナルティにHRCの副社長である中本さんが不満の意を表しています(MCN)。
かいつまんで言うと、ホンダのようにたくさんエンジンを供給していると、どこかのチームが台数制限違反をする確率が高くなる。GPに貢献すればするほど、リスクが高いのではやってられない。来年は供給台数を減らすことだっって考えないわけではない、という感じ。

台数を減らすっていうのはブラフだとしても、確かにがんばっているメーカーに厳しいルールではありますね。このあたり来年はまた改訂される可能性もありとみていますが、どんなもんでしょうか。

|

« HAYATEレーシングもMoto2に専念か | トップページ | スズキのエンジンはまだ大丈夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/46446719

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン台数制限違反のペナルティにホンダはご立腹:

« HAYATEレーシングもMoto2に専念か | トップページ | スズキのエンジンはまだ大丈夫 »