« オーストラリアGPプレビュー その2 | トップページ | 最近の日本のポップって »

FTR、っぱねぇ!

MCNより。

やっつけのイラストが不安をかき立てるとか、イラストにチェンジペダルもブレーキペダルもないだとか、丸過ぎて速そうに見えないとか、いろいろくさしたFTRですが(本当はやっつけイラスト以外は貶してません。思っただけ)、これが速かった模様。

クラッチトラブル(シャーシのせいじゃないもんね〜)のせいで途中リタイアとはなったものの、ロンドンでの発表用に(それこそやっつけで)組み上げたマシンが意外に速くて、FTR自身が驚いてるとか。
以下、FTR監督のスティーブ・ボーンズ氏のお言葉。

「金曜、土曜のパフォーマンスは予想以上だった。マシンは先週の水曜にロンドンで発表するために組み上げて、すぐに最初のセットアップのためにバルセロナに送ったものだったんだ。
 ディエゴ(ロレンツォ、というスペイン選手権を闘っているライダー)のおかげで金曜と土曜に相当うまくセットアップできて、もう少しでMoto2の最速ラップを破れそうだった。ジョー・ダーシーのチーム(チーム名か?)があり得ないくらいニューマシンをうまくセットアップしてくれたんだ。開発のこの段階でこいこまでいけるなんて予想もしていなかったよ」

実際に走ったディエゴ・ロレンツォ選手は、こう言っています。
「この週末は最高だった。僕らがニューマシンでここまでいける、っていうか、決勝でスタートラインにつけるってことすら、誰も思ってなかったからね。レース中はエンジンにちょっとした問題、マジで大したことはないんだけど、問題を抱えていて、もうマシンの開発には充分だったからリタイアしたけれども、可能性はすごくあると思う」

大本営発表にしても、それなりに戦闘力はありそうで、とりあえず、ごめん。

|

« オーストラリアGPプレビュー その2 | トップページ | 最近の日本のポップって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/46495026

この記事へのトラックバック一覧です: FTR、っぱねぇ!:

« オーストラリアGPプレビュー その2 | トップページ | 最近の日本のポップって »