« ロッシのタイヤについての続報 | トップページ | ヴァルドマンが250に代役で復帰(しかも43歳!) »

ポーランド風かりんとう(と勝手に名付けているもの)

ポーランドで食べておいしかったので、再現を試みて、試行錯誤の上、ちゃんとできるようになったので、公開。


Poland_karinto


できあがりの大きさは1個10mmΦ×25mmくらい。

材料
 シュー生地(配合はこちらを参照していますが、オーブンの天板2枚フルに使っても、この1/3くらいで充分。あと塗り卵はいりません)
 砂糖(シュー生地とは別に)適量


作り方
(1)シュー生地をつくる(その間にオーブンを160℃に余熱)
(2)シリコンペーパーを敷いた天板に絞り袋で25mmくらいの長さで好きな数だけ(というか材料がなくなるまで、というか嫌になるまで)絞り出す。
(3)絞り出した上に砂糖をまぶす(てきとーな感じで)
(4)160℃で15分焼いたら140℃に下げて20分焼く


超簡単ですが、意外に「やめられないとまらない」ですよ。
塩だけは正確な量で。ちょっとでも入れすぎるとしょっぱくなりすぎます。

|

« ロッシのタイヤについての続報 | トップページ | ヴァルドマンが250に代役で復帰(しかも43歳!) »

コメント

携帯で写真を見たときは、ピーナッツにしか見えませんでした(笑)
シュー皮だけを絞ってお砂糖をふるってことですよね。皮だけ食べることはないのでよくわからなかったんですが、意外と塩っ気があるってことですかね??

投稿: にーさん | 2009/07/23 21:28

>にーさん
 ですです>シュー皮。
 塩は1gくらいなんだけど、間違って2gいれちゃったりするととたんにしょっぱくなるってことなのよ。

投稿: とみなが | 2009/07/23 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/45700848

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド風かりんとう(と勝手に名付けているもの):

« ロッシのタイヤについての続報 | トップページ | ヴァルドマンが250に代役で復帰(しかも43歳!) »