« またまたロッシにF1の噂(ヤマハは気にしてないけど) | トップページ | 今日はロレンツォの巻 »

ドクター・コスタの「Grand Prix College」

自分が読みたいんで買っては見たものの(ドクター・コスタの直筆サイン入り!)、まだろくに目を通していないGrand Prix College(「グランプリという名の学校」:ドクターコスタが、子どもたちに夢と希望を与えるために、GPライダーや、その卵たちのことを書いた本)ですが、そこに掲載されている日浦大治朗のインタビューがかわいかったかっこよかったので、そこだけ和訳。


−どうしてレースをするの?
大「レースが好きだから」

−速く走ってるときってどんな感じ?
大「スリルを感じながら、どんどん速く走る感じです」

−バイクって何?
(ここで大治朗は4分間黙り込んで考える。上田昇によれば答えるまでに20分かかったこともあるらしい)
「速く走るのがたまらなくって、自分のバイクが大好きなんです」

−将来の夢は?
「世界チャンピオンになること」

−朝起きて最初に考えることは?
「季節、と天気」

−夜寝る前に最後に考えることは?
「死について」

−いちばん最近泣いたのは?
「昨日。あんまり英語を勉強しないんで、上田さんに怒られたんです」

−いちばん最近笑ったのは?
「今。今笑ってます」

−怖いと思ったことはある?
「雨の時は怖いです。天気がいいときには大丈夫なんですが」

−学校についてはどう思う?
「将来の夢です。先生役が好きだし、学校に行って友達に会えるのも楽しいです」

−遊びってなに?
「友達とでかけることです」


この本は、こんな感じでロッシやペドロサやロレンツォや、レッドブルカップに挑戦している若いライダーたちにドクター・コスタがインタビューしている様子が書かれています。

アクターズ・スタジオ・インタビューの毎回恒例、10の質問、みたいな感じかな。ライダーによって質問が微妙に違うのですが、おもしろい。

|

« またまたロッシにF1の噂(ヤマハは気にしてないけど) | トップページ | 今日はロレンツォの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/45592649

この記事へのトラックバック一覧です: ドクター・コスタの「Grand Prix College」:

« またまたロッシにF1の噂(ヤマハは気にしてないけど) | トップページ | 今日はロレンツォの巻 »