« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

あえて一部のマイミクさんのみに告ぐ

お風呂を除いて大掃除完了だぜ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クラーラは24日も営業

水曜日が定休日の旗の台クラーラですが、さすがにイブはランチ、ディナー共に営業するとのことです。

ディナーは予約した方がいいかもですが、たぶん遅めにいけば大丈夫そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッツ浮世離れ!

…な方向で、ただ今商談中>FX。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

FX(not外為投資)

お金もないくせに膨らむ妄想。

カプチーノ、スプラッシュ、フィガロ、スマートあたりが比較的現実味がある候補なんですが、カプチーノとフィガロは程度が問題だなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよなら309

車検を目の前にして、動かなくなった309ですが、家族会議の末、廃車にすることにしました。ヘッド面研しても直るかどうかわからないってのは、ちょっときついですよ。

しばらくは車なしかなあ・・・。都内だと必要ないものだしなあ・・・。

と言いつつFX検討中。だって駐車場代がもったいないんだもん(←本末転倒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ECU75000円、エンジン2万ユーロ

久し振りのGPネタですが、250ccに替わって2011年から導入される600ccクラス(Moto2って言うらしい。なんか懐かしい響きだ)の概要がFIMから発表(PDF)されました。

4スト自然吸気のみ、楕円ピストン禁止ってのは、まあ予想通りとして(それにしてもMotoGP日本語サイトの「チューブチャージング禁止」って何よ・・・。「ターボチャージング禁止」の誤訳なんですが)、ECUを75000円(FIMの規定が「円」で表記されてます)以内で各チームに供給する他、エンジンの2万ユーロ買い取りルールでもってコスト高騰を抑えるらしいです。

また、バルブスプリング、カム、クランク、コンロッド、ピストンピン、ブレーキディスクは鉄合金、クランクケース、シリンダーヘッドは鋳造アルミ合金のこと&高価で「一般的でない」素材の使用は禁止とのこと(リストがそのうち出されるらしいですが、ポジティブリストにするのか、ネガティブリストにするのかによって、ずいぶん変わりそう)。

でも、エンジンは1レース2機まで使えるってことなので、1レース使い捨てエンジンにしちゃえば、買われても驚異にはならないのね。企業秘密や先進テクノロジーは入れにくくなるんでしょうが。

あとおもしろいのは、シーズン前に3種類のギアボックスと2種類のドリブンドライブギア歯数を登録しておかないといけないってことでしょうか。ピーキーなエンジンだと辛そうです。

ちなみに、最低重量は
 4気筒 135kg(エンジン単体では53kg以上)
 3気筒 130kg(同50kg以上)
 2気筒 125kg(同47kg以上)
最高回転数は
 4気筒 16000rpm
 3気筒 15500rpm
 2気筒 15000rpm
だそうで、何気筒にするのかも頭の使いどころになるのかも。

謎なのは、「Number of machines: the team can scrutineer only one motorcycle per rider.」という一文。1人のライダーについて同時に2台以上を動かしちゃいけない(現在のように2台のセットアップを並行して行ってはいけない)ということなのかなあと思ったんですが、仏語の方を見ると、どうも「1人につき1台しか車検を受けられない(=要するに1人1台)」ってことのようです。scrutineerじゃなくてscrutinizeってことですな。

シャーシには買い取りルールがないので、市販レース用エンジン+独創的コンストラクターを強く希望しますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »