« フィリップアイランド | トップページ | 黄金の羅針盤 一気読み »

飲み頃は10年後

うちのベランダの金木犀の花をぜーんぶ収穫して金木犀酒を漬けました。とりあえず半年後くらいに花を取り出して、まともな味になるのはたぶん10年後ですが。

ちなみに前回のは03年かぁ・・・。単なる偶然ですがね。

Kinmokusei


|

« フィリップアイランド | トップページ | 黄金の羅針盤 一気読み »

コメント

むむむ 大体その位の花でリカーもその量なんですね。

了解です。 作ってみまs…時間が無い…orz

作り方の質問させて下さいませ。

①花を集める

②花をリカーで一旦洗う(消毒含む)

③花を密封瓶(湯殺菌済み)に入れ、リカーを注ぐ。

④半年後に花を取り出し、密封瓶(湯殺菌済み)に注いでひたすらねかす。

こんな流れで合っていますでしょうか? 気になるのが砂糖は入れておりますでしょうか? もし入れている場合、氷砂糖orグラニューどちらでしょうか?

あの金木犀酒 10年モノの味を知ってしまったので私も作ってみようかなぁって思っておりますm(_ _)m

投稿: 福永 | 2007/10/17 18:11

>福永さん

 正直に告白します。良く覚えてません(汗)。

 えーっとぉ、たぶん甘み系は入れてないように思います。浸透圧を考えたら、氷砂糖か蜂蜜を入れた方がいいんだとは思いますが、03ものには甘みが入っていないのは確かで、93ものも、それと比べて甘いわけではないので、たぶん両方とも入っていないかと・・・。

 それと、殺菌関連はほとんど気にしていません。このあたりは自然にまかせるということで。

 花は、一旦水洗い(といってもざっと流すだけ)した後に、スミノフで水を洗い落とす、という感じです。また、花の量ですが、実を言うと93ものは、前に住んでた会社の寮の生け垣から大量に採取したような覚えもあるので、びんの半分くらいになってもいいんじゃないかと思います。

 で、またこれを書くために飲み比べて思ったのですが、03ものの渋みがどこからきてるか、ですね。時間の問題な気がするのは確かなんですが(93も昔は渋かったので)、本当に93もののようなまろやかさが出るかはわからないのですよ、まじで。ことによったらグレート・ヴィンテージだったのかも・・・。

 もう散り始めているので、やるならお早めに〜。本当はもう4〜5日早めに採取した方がよかったのかもですが。

投稿: とみなが | 2007/10/17 21:34

ありがとうございます。

>もう散り始めているので、やるならお早めに〜。本当はもう4〜5日早めに採取した方が―

記憶が確かでないので自信がありませんが、金木犀の花って散ってしまった花には香りが無いんですよね?(汗) ということは咲いているものを摘み取る と、解釈して宜しいでしょうか?

くぅ…ホント何故やりたい事がある時に限って強行スケジュールなんだろう私の人生(涙)

地元法務局にまだ沢山咲いてるかもという情報を信じて明後日の休みに摘んできます。ご丁寧に有難うございます。

投稿: 福永 | 2007/10/19 20:22

>福永さん
 本当は散る前から香りがなくなりはじめるんですが、貧乏性の私は、いつも散る直前に採取してるので、木についている内は大丈夫でしょう。
 93と03は採取日が1日しか違いませんでしたし。
 今年は暑かったせいか10日くらい遅れてますが。
 あと、じぶんで管理していない木から採取するときは農薬の散布時期にご注意を。

投稿: とみなが | 2007/10/19 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/16772113

この記事へのトラックバック一覧です: 飲み頃は10年後:

« フィリップアイランド | トップページ | 黄金の羅針盤 一気読み »