« 観戦会 | トップページ | 喧嘩両成敗 »

「神は妄想である」

リチャード・ドーキンスの「神は妄想である」超おすすめ。内容もそうだけど、頭のいい人の喧嘩の売り方って気持ちいい。詳しい感想はこちらで。と、Takeniさんの真似して本の感想をば。

|

« 観戦会 | トップページ | 喧嘩両成敗 »

コメント

あ、名指しされていることに今気がつきました(笑)。
なかなか面白そうですね。いつか読んでみよう。

読みたい本リストの冊数(泉優二なども含む)がとんでもないことになっていますが(笑)。

投稿: Takeni | 2007/07/19 00:20

>Takeniさん

泉優二はうちにも何冊か、とは行っても一連のウィンディーシリーズだけですが、あるので、図書館になければお貸ししますよん。

投稿: とみなが | 2007/07/19 00:29

お薦めいただいた泉優二は、確かどちらも図書館にあったと思います。
いざ読もうとしたときに、除籍されていたらよろしくお願いします!

投稿: Takeni | 2007/07/20 11:08

>Takeniさん
 ああっ!そうでした、そうでした。観戦会のときに私がおすすめしたんだった…。
 うーむ、脳が退化してるなあ。

投稿: とみなが | 2007/07/20 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/15780279

この記事へのトラックバック一覧です: 「神は妄想である」:

« 観戦会 | トップページ | 喧嘩両成敗 »