« レンタカー | トップページ | そういえば »

flowまたはzone

今回のヤマハからのメールマガジン「Insider Vol. 7」(リンク先はバックナンバーなので5までですが)では、zoneとかflowとか呼ばれる、アスリートの一種特殊な心理状態に触れています。思い返せば、私も生涯に一度だけそんな体験をしたことがあります。
それは大学生のある日、SRX400で、GSXR-750(油冷最終)やRGV-γと箱根に行ったときのこと。誰よりも速く走ることができて、コーナーの先に何があるかもわかって、「あ、次のコーナーでは対向車がいるからちょいアウト目で立ち上がろう」とか思うと、その通りになって、箱根新道の真っ暗な下りストレートでコーナー前にフルブレーキングでFサスが底付きしてもコントロールできて、「ああ、こんな日に自分は死ぬのかな」と思ったとたんに、すべてが去っていきました。あの体験が恋しくてまだバイクに乗り続けているのかもしれないけど、あのとき「死ぬのかな」と思ったおかげでまだ生きているのかもしれません。
チャンピオンになるライダーって、いつもそういう気持ちを味わっているのかと思うと、うらやましいような恐ろしいような。いや、そういうところに入れないとチャンピオンにはなれないのかも。

ちなみに、芝居をやってる私のかみさんも、たまに「神様が降りてくる」としか表現できない体験をするそうです。
えー、というわけで、ついでに宣伝をすると、下北沢「劇」小劇場で、かみさんのお芝居が週末までやってます。詳細はこちらまで。SPIRAL MOON

|

« レンタカー | トップページ | そういえば »

コメント

学生時代、吹奏楽をやっていた時に「神が降りてきた」経験があります。
その日はみんなとても上手い。ミスをしない。和音の響きが違う。いつも厳しい表情の指揮者が、仏様のような和やかな顔で指揮をとっている。演奏の山場での微妙なコード(ギターで言うとセブンス?)もバチっと響く。あぁ、音楽やっててよかったなと、そんな数分間でありました。

投稿: HappyMan | 2006/08/10 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/11362163

この記事へのトラックバック一覧です: flowまたはzone:

« レンタカー | トップページ | そういえば »