« クリニカ・モビーレ(とは移動診療車のこと也) | トップページ | 映画「FASTER」 »

ヤマハレースヒストリー その7

ヤマハレースヒストリーその7がMotoGP公式サイトにアップされてます。そんなこんなで、冨永のお休み最後の日は翻訳まみれで終わるのでした。

=============
1980-1984:ヤマハTZ みんなのレースバイクの巻

他のメーカーと同様に、ヤマハも勝利のほとんどはワークスチームが記録している。しかし、ヤマハは同時にプライベーターに販売した2ストローク市販バイクでも成功を収めているのだ。4気筒のヤマハTZ750、そして2気筒のTZ350、TZ250は、いずれもこれを購入しチューンしたプライベーターの手によってチャンピオンの座を獲得している。

実際、70年代末から80年代初頭にかけて、TZはGPのみならず世界中の国内選手権を席巻したのである。TZはシンプルながらも戦闘力があったため、才能があってもそれほど資金力のないライダーにとっては最高の相棒だったのだ。実際1976年のTZ250Cの価格は、豊富なスペアパーツも含んでわずか1500ポンドだった。1980年代初頭にはチューンを施したTZツインは250、350の両クラスで4回ものタイトルを獲得した。フランス人プライベーターのジャン・ルイ・トゥルナドレが1982年のタイトルを獲得したのにつづき、83年にはヴェネモトのサポートを受けたカルロス・ラヴァード、そして84年にはゴロワーズをスポンサーとしたクリスチャンサロンがチャンピオンとなっている。

350ccでは1980年に豪胆な南アフリカ人のヨン・エケロルト(Jon Ekerold)*がワークスマシンを駆るライバルを退けてチャンピオンとなっている。また70年代にはボアアップしたTZ350が500ccクラスでも勝利を収めている。実際、国内選手権レベルでは資金力のないクラブがTZ350で350と500の両クラスに出場することもあったのだ。ブルーの350クラスのゼッケンを500用の黄色のものにしただけで、エントリーバイクをヤマハ351とかヤマハ354と称して参加していたのである。こうしたマシンは「スリー・ファイブ・ファブロンズ」**というあだ名をつけられていた。同時期に4気筒のTZ750(YZR500をベースとしていた)は1977年から79年までの短期間のみ開催されたフォーミュラ750での勝利を独占した。

TZ250および350のリードバルブの起源は実に60年代から70年代にかけて活躍したTD1、TD2まで遡ることができる。さらにこれはRD56を起源とするストリートバイクに端を発するものである。TZは毎年改良を重ね、72年には水冷化、76年にはディスクブレーキ装着とモノショック化、81年にはYPVSというパワーバルブを装備している。

そしてTZがストリートバイクに端を発しているように、ヤマハはこんどはTZをベースとして伝説的なRD250LCとRD350LC***を発売する。これらの水冷マシンは80年代のクラブレースを席巻し、さらにはF2、F3****でも成功を収めることでヤマハのストリートバイクとレーシングマシンの関係の深さを再び証明したのであった。

=============
*:一応南アフリカ人ってことでオランダ風の読みにしてみましたが自信なし。
**:ファブロンってのはイギリスで当時メジャーだった装飾用粘着シートのブランドです。こんな感じ。裏の紙をはがすと、ぺたっと貼れる式のやつですな。たぶんゼッケンをちょいちょい、と貼り替えるところからきているのではないかと。
***:いわずもがなですが、RZ250とRZ350の欧州名です。
****:F2は4ストローク600ccまで、2ストローク350ccまで、F3は4スト400、2スト250までというクラスです。日本では免許制度と車検の関係で、F2クラスってのはほとんどみられませんが、ヨーロッパでは比較的メジャーだったようです。

なんだか、村の古老は語る、になってるなあ、最近。
どーでもいいですけど、みなさん楽しんでます?

|

« クリニカ・モビーレ(とは移動診療車のこと也) | トップページ | 映画「FASTER」 »

コメント

楽しんでます♪
長文翻訳お疲れさまですm(_ _)m

投稿: あらいやす | 2005/08/16 01:35

すいません、気ぃ遣って頂いてm(__)m>あらいやすさん。
がんばりますよ。

投稿: とみなが | 2005/08/16 12:55

いや、気を使ったって訳じゃないんですけどね(笑)
でも翻訳の苦労はちょこっとは分かります(笑)

投稿: あらいやす | 2005/08/19 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/5487713

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハレースヒストリー その7:

« クリニカ・モビーレ(とは移動診療車のこと也) | トップページ | 映画「FASTER」 »