« 翻訳なのか、それは? | トップページ | ヤマハレースヒストリー その8 »

一発屋伝説(リクエストがあれば訳します)

MotoGP公式サイトに一発屋伝説っつー記事が出てます。
1974年のホッケンハイムで生涯唯一の勝利を記録したEdmund Czihakというライダーを軸に、何人かのライダーを紹介しています。

えー、それなりにおもしろそうですが、ここんとこ連続して長文アップ中なんで、リクエストがあれば翻訳します、ってことで許してつかぁさい。

|

« 翻訳なのか、それは? | トップページ | ヤマハレースヒストリー その8 »

コメント

 あー、P.F.キリさんはまわりがボイコット?したなかでの1勝でしたっけ。
 キリさんにはNSRがまだまわってこなくてNS500だった気が。

 ヒストリー&インタビュー共々、楽しませていただいてますです。

投稿: やへー | 2005/08/19 22:22

ですです。キリさん。
1989年ミサノのNations GPでした。
マルボロブックによると雨がずっとふりつづいていて、5週目で赤旗。2ヒート目はみんなボイコットしたんでした。

私の中では最高の雨のレースは、ビアッジが直線で転倒したときの鈴鹿ですが。あれは現地で見てたんですが、それなりにおもしろかったです。

投稿: とみなが | 2005/08/21 22:02

 あ、'89だったらキリさんもNSRですかね(謝)。
 雨と言えばダッチTTで相性が悪かった印象のローソンを思い出したり。

 といいつつ、ローソンのカジバでの勝利はレインが絡んでいたような。

投稿: やへー | 2005/08/22 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/5536254

この記事へのトラックバック一覧です: 一発屋伝説(リクエストがあれば訳します):

« 翻訳なのか、それは? | トップページ | ヤマハレースヒストリー その8 »