« ミシュランタイヤの30年(でした) その4 | トップページ | ビアッジに罰金 »

FIM ルール変更

motoGPのルール変更です。FIMのリリース(PDFファイル)から。例によって[]内は冨永のコメント。
=====
本日(6月4日)より適用

1.2 イベント
 1.2.2(全てのグランプリで3クラスとも開催しなければならない)を削除。
 [うーん、昔は80とかサイドカーとかあって、そりゃあ開催しないサーキットもあったのですが、せめて3クラスはやってほしい、というか、ますますmotoGPクラス偏重になっていくのね]

1.19 ライドスルー
 レース中ライドスルーを行う場合は停車してはいけない。

2005年6月9日(カタロニアGP)より適用

1.14 テクニカルコントロール
 1.14.1の2段落目で「250ccクラスおよび125ccクラスにおいて」を削除。
 [motoGPクラスはすべてのマシンの事前チェックが義務づけられていたのですが、これを205、125と同様に、テクニカルコントロールが指定する1台のみのチェックでよくなったということです。]

1.21 プラクティス中およびレース中の行為
 1.21.12(禁止行為の例外)から「双方向の無線音声通信」を削除
 [レース中およびプラクティス中の禁止事項として「ライダーとレース関係者との間の情報のやりとり」ってのがあって、その例外(要するにやっていいこと)として「タイム計測装置からの無線信号、オンボードカメラ映像、ピットボードによるサイン、ライダーの身振り(笑)」に加えて、この「双方向無線音声通信」ってのが挙げられていたんですね。知らなかった。いままでやってたんだ。ま、それが禁止されたわけです。]

2007年より適用(5年間の時限立法)

2.2 クラス
 2.2.1 2007年1月1日より、MotoGPクラスの最高排気量は800ccとする。また2ストロークエンジンは禁止。
 [ついに500ccクラスとさようならです。800にするのは一応ライダーの安全のためでしょうか。]

2.6 フューエルタンク
 2.6.5 フューエルタンクの容量は最高21リットル。
=====
いやはや、ワークスが参加しにくい125と250はもう日本にこなくなったりするんでしょうか・・・。

|

« ミシュランタイヤの30年(でした) その4 | トップページ | ビアッジに罰金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/4420070

この記事へのトラックバック一覧です: FIM ルール変更:

» MotoGP排気量改訂 [レースファンのメモ帳。]
レギュレーション変更についてトラックバックさせて頂きます。詳細な翻訳に感動です(。・x・)ゝ [続きを読む]

受信: 2005/06/10 19:35

« ミシュランタイヤの30年(でした) その4 | トップページ | ビアッジに罰金 »