« FIMプレスリリース2題 | トップページ | ビアッジトリビア »

玉田の中国GP参戦は月曜日に判断

まいどまいどのmotoGPオフィシャルサイトより。どうも日本語版は省略して翻訳してるんで、まあやる気のある限り訳して参りますよ。

=======
玉田誠はエストリルでのけがの状況の確認のために昨日、昭和大学横浜市北部病院にてX線検査およびCTスキャン検査を受診した。


整形外科の川崎医師および古梶医師は、玉田の右手に骨折はないが、軟骨と靱帯が炎症を起こしており、右手首から手のひらにかけてテーピングを施し、可動範囲を制限する必要があるとの診断を下した。玉田の復帰までには炎症が引くのを待たなければならない。

月曜に再度川崎医師(多くのライダーの治療を行っていることで有名)に受診し中国GPでの復帰が可能かどうか判断する予定である。
=======

ちなみに英文では、ショウマ大学ヨコハマコクブ病院、ってなってますが、たぶん私の解釈でOKかと。

|

« FIMプレスリリース2題 | トップページ | ビアッジトリビア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/3820591

この記事へのトラックバック一覧です: 玉田の中国GP参戦は月曜日に判断:

» 玉田誠選手の怪我(続報) [にこらすの徒然なるままに・・・]
『玉田誠は21日、横浜市内の病院で負傷した右手の検査を受け、骨折がないことが判明した。 ポルトガルGP公式予選開始早々に転倒を喫した玉田は、右手を路面に強打。激痛により、マシンコントロールが困難なことから決勝レースを欠場していた。 決勝レース前のメディカルチェックでは、舟状骨骨折の疑いがあったが、レントゲンとスキャナーでの診断の結果、疑いは晴れた。しかし、靭帯を損傷していることから、右手首を固定して、回復を待つこととなった。 』 骨折してなくて良かったですね。ただ、靱帯損傷ということですからある程... [続きを読む]

受信: 2005/04/26 21:22

« FIMプレスリリース2題 | トップページ | ビアッジトリビア »